人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

試算では4372億円!ラグビーW杯はどれくらいの経済効果をもたらすのか?

2019.10.18

ラグビーワールドカップにプロ野球のクライマックスシリーズなど、スポーツの秋らしくアツいスポーツイベントが続いている。

特にラグビーワールドカップは、数多くの訪日外国人の消費活動に繋がっており、莫大な経済効果を生んでいるのは間違いない。では、こうした最近のスポーツイベントは具体的にどれくらい景気に寄与しているのだろうか?

そこでこのほど、10月3日に三井住友DSアセットマネジメントから発表された「宅森昭吉のエコノミックレポート」より、スポーツイベントがもたらす経済効果に言及した個所を抜粋して紹介していきたい。

8月景気ウォッチャー・ラグビーワールドカップ関連先行き判断DIは60.0。ラグビーワールドカップは景気下支え材料

大相撲秋場所の懸賞本数が1,989本と過去最高だった前年同場所の2,160本を下回り、前年比▲7.9%と名古屋場所の同+0.6%の増加から減少に転じた(図表6)。

2横綱1大関の休場の影響もあるが、企業の広告費関連指標が足もともたついたことになる。こうした弱含み傾向の身近なデータもあるが、概ね堅調なものが引き続き多い。

JRA中央競馬会の年初からの売得金は9月29日現在前年比+4.2%で、8年連続前年比プラスに向けて順調に推移している。JRA東日本のポケモンスタンプラリーは今年の参加者は約22.0万人と、前年の約18.9万人から増加している。

プロ野球セ・リーグは8年ぶりに巨人が優勝した。これで昭和、平成、令和とそれぞれの時代の最初の優勝は巨人となった(図表7)。

阪神戦に開幕から6連勝し、「5連勝以上はリーグ優勝できる」というジンクス通りの結果になった。

巨人の優勝決定後、パ・リーグは西武が優勝した。クライマックスシリーズを両チームが勝ちあがると人気ランキングの合計は5となり、日本シリーズの期間が景気の拡張局面になる可能性が大きくなった。

なお、米国のメジャーリーグでもア・リーグ東地区でニューヨーク・ヤンキースが優勝した。米国景気にとって明るい材料である。

ラグビーワールドカップ2019で日本が連勝し、盛り上がりがみられている。

景気ウォッチャー調査8月調査のラグビーワールドカップ関連先行き判断DIは60.0(15人回答)で景気判断の分岐点50を上回り景気下支え材料であることを示唆している。

日本大会組織委員会が公表した経済効果のうち、スタジアム整備費400億円、大会運営費300億円、国内客消費160億円、訪日外国人消費1,057億円を合計した直接効果は1,917億円である。

これに間接効果を加えた経済効果は4,372億円になるという。観光庁によると18年の訪日外国人1人当たり旅行支出金額が英国の22.1万円、オーストラリア24.2万円と全体の平均15.3万円を上回る。

インバウンド消費が期待できる。なお、ラグビーの試合でのラグビーファンのビール消費量はサッカーの試合の6倍になるという。前回2015大会ではスタジアムと野外ファンゾーンを合わせた消費量は190万ℓ(350mℓ缶で540万缶相当)であったということだ。

また、ラグビーワールドカップ関連のCDも売れている。9月29日現在、日本テレビ系列応援歌・嵐の「BRAVE」は69万枚、7~9月期に放映されたラグビー部を舞台にしたドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌、米津玄師の「馬と鹿」は45万枚とヒットしている(図表8)。

日本代表が悲願の決勝トーナメント進出を果たせれば、国民的な明るい話題が、足元の心理面からの過度な悲観論を打ち消す可能性があろう。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。