人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「家事は時間があるほう得意なほうがやるべき」常に対等で何事も二人で一緒に考えるゆとり世代の夫婦観

2019.10.17

今までのイメージとは違う「ゆとり世代」の特徴

食生活は、時代背景(社会事象、流行、教育)や生活者の価値観の変化などと密接に関わりあっている。そのため、「食・世代」は食分野のみにとどまらず、暮らし全般において、生活者の価値観や行動の特徴を示すことができる。

東京ガスの都市生活研究所は、「食」を切り口とした世代の定義を発表している。

あなたはどの世代に該当するだろう。

コミュ食世代 : 平成元年~7年(1989~1995年)生まれ
… 食をコミュニケーションツールとしてつながり、楽しむ世代

ゆる食世代 : 昭和57~63年(1982~1988年)生まれ
… 食へのこだわりや男女の役割などの規範意識が薄い(ゆるい)世代

装食世代 : 昭和52~56年(1977~1981年)生まれ
… 日常の食をオシャレに装い、楽しむ世代

選食世代 : 昭和47~51年(1972~1976年)生まれ
… 食の安全性など自分の価値観にあった食を選択する世代

遊食世代 : 昭和40~46年(1965~1971年)生まれ
… 遊び心を持って食を楽しむようになった世代

宴食世代 : 昭和33~39年(1958~1964年)生まれ
… バブル(宴)の時代に若い社会人であり、贅沢な食を経験した世代

今回、都市生活研究所が注目したのは「コミュ食世代」。2019年の誕生日で24~30歳になる彼らは、いわゆる「ゆとり世代」の真ん中であり、上の世代からは「何事も受動的」「ストレス耐性がない」などと言われてきた。

しかし、都市生活研究所で調査・分析したところ、これらのイメージとは異なる特徴が見えてきたので紹介しよう。

配偶者とは対等で、何事も二人で一緒に考える

24~30歳の『コミュ食世代』の夫婦は、常に対等でありたいと思っているようだ。「配偶者と対等でいるため共働きがよい」という考えは、男女とも他の世代に比べ最も高く、既婚者の約4割がそう思っている。

また、家庭内での選択や決め事は、何でも2人で一緒に考えるのがコミュ食世代。「住まいの選択」について、2人で同じくらい考える(考えた)割合はコミュ食世代が最も高く、6割近くになっている。

家事はできるほうがやればよい

『コミュ食世代』の夫婦は、性別で役割を決めるのではなく、できるほうがやればよいと合理的に考える人が多いようだ。実際に家事はフェアに行っており、「気づいたときに気づいたほうがやっている」割合が高い。

また、他の世代とは異なり、掃除についても「時間があるほうがやるのがよい」と考える割合が高いことから、家事を女性の仕事とは考えていないことがわかる。

料理はスキルとして身につけたい

料理については、面倒な家事というよりは「スキルとして身につけたい」と考える人が男女とも多い。料理を生きていくために大事なスキルのひとつと考え、自分自身のために純粋に身につけたいと考える人が多いのも特徴といえそうだ。

まとめ

『コミュ食世代』の価値観は男女対等がベースになっている。仕事や家事を対等に担うだけでなく、これまでは女性だけの問題とされていたことを、男性も共有しようとする動きが広がっている。

また『コミュ食世代』が持つ価値観の背景として、彼らが育った時代の影響があるのだろう。彼らはゆとり世代の真ん中であり、自分らしさを重視するゆとり教育を受けている。「男女差よりも個人差」を象徴するものとして、彼らが小学生になった頃から広がり始めたランドセルの多色化や、男女混合名簿の採用などがある。

このような時代に育った『コミュ食世代』にとって、男女フェアな関係は当然のこと。その上で、無理なく無駄なく合理的に物事を進めるため、「時間があるほう、得意なほうが行えばよい」という考えに至ったようだ。

現在はまだ、共働きであっても出産すると女性が時短勤務となり、家事・育児の多くを担う家庭が多数派。しかし今後、働き方改革の広がりとともに『コミュ食世代』の夫婦が増えることで、フェアに家事・育児を分担していく家庭がさらに多くなっていくはずだ。

『コミュ食世代』の特徴「フェアな関係で、得意を活かす」から導き出したニーズは、「男女フェアにスキルアップできること」。仕事・家事を問わず、性別に関係なく個人の特性を活かしてスキルアップできることや、様々な人と一緒に学びあえることが求められている。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。