人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ラップトップ、ワイヤレスイヤホン、Wi-Fiルーター〝つながり〟を強化したGoogleの新しいプロダクト

2019.10.18

Googleは10月15日(現地時間)のイベントで、複数の新プロダクトを発表した

ラップトップからWi-Fi製品まで、その製品は多岐にわたる

Googleはこれらのプロダクトで、どのような将来を見越しているのだろうか

OS普及を狙った新型ラップトップ

まずイベントで最初に発表されたのは、新型ラップトップの「Pixelbook Go」だ。こちらはOSにWindowsではなく、Googleが開発したChrome OSを搭載したChromebookという扱いになる。

Pixelbook Goは13.3インチのフルHD解像度ディスプレイを搭載し、底面部が波のようにうねった特徴的なデザインを採用。省電力なChrome OSのおかげで、満充電状態で12時間の使用ができ、また20分の充電で2時間駆動するなど、身軽なラップトップに仕上がっている。

そして、値段と性能のバランスも注目だ。インテルのCore m3プロセッサや8GBのRAM、64GBのストレージを搭載したモデルは649ドル(約7万1000円)、4K解像度ディスプレイや16GBのRAM、256GBのROMを搭載したモデルも1399ドル(約15万円)で発売され、廉価モデルが多いChromebookの中では存在感のある製品となっている。

使い勝手の向上したワイヤレスイヤホン

2017年にGoogleは、ワイヤレスイヤホンの「Pixel Buds」を発表した。こちらはイヤホン同士がケーブルで接続され、首の後ろに引っ掛けるスタイルだったが、今回のイベントで発表された「Pixel Buds(第2世代)」はケーブルのない「完全ワイヤレスイヤホン」となっている。

より周囲の音を遮蔽できる密閉型イヤホンのPixel Budsは、マイクで周囲の音を検知することで音量を調節したり、あるいはより正確に声を拾うこともできる。さらにスマートフォンとの接続機能も強化され、野外ならフットボール会場、屋内でも3部屋離れた位置からでも通信可能だ。

また前モデルから引き続き、Google アシスタントに対応することで天気予報やニュース、スケジュールなどが確認できる。本体は最大5時間の駆動が可能で、充電ケースで充電しながら運用すれば最大24時間も使用できる。

Wi-Fi接続デバイスも刷新

新型Wi-Fiルーターの「Nest WiFi」も発表された。こちらでは自宅やオフィスのWi-Fiを中継することで、通信範囲を広げる「メッシュWi-Fi」という機能が利用できる。また前モデルに比べ、通信速度が最大2倍高速になり、通信範囲も最大25%拡大されている。

さらにGoogle アシスタントを搭載することで、スマートスピーカーのように自分のニュースやスケジュールが確認できるだけでなく、音声コマンドでのルーターの制御が可能になった。

そして、小型スマートスピーカーはNestブランドのもとで「Nest Mini」へと刷新された。こちらでは、背面に壁掛け用の穴が設けられ、壁への設置が可能になった。さらに機械学習チップを搭載することで、本体内でのGoogle アシスタントの処理が可能となっている。

文/塚本直樹

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。