人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

いよいよ今週末は南ア戦!W杯観戦前に読みたいラグビーをもっと楽しむ豆知識

2019.10.17

スコットランド戦の興奮冷めやらぬまま、今度は20日(日)の南アフリカ戦が控えている!今までラグビーに興味のなかった人も、今回のW杯で俄然面白さに気づいたのではないだろうか。ここでは@DIMEで紹介した、ラグビーにまつわる豆知識を紹介しよう。

W杯優勝国予想アンケートで、日本と答えていた人はどのくらいいる?

ラグビー日本代表主将のリーチ・マイケルは4位!日本の国籍を取得してうれしかった有名人ランキング

現在盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ。その中で躍進する日本代表チームは、キャプテンのリーチマイケルをはじめ、ツイヘンドリック、ヴァルアサエリ愛など、数多くの外国出身の帰化選手を要していることでも知られている。 今回、そんな「帰化」にフォーカスを当てた、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」による20代~70代の男女1,304名を対象にしたアンケート調査の結果を紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/789931/

ラグビーワールドカップ、日本対サモア戦の「視聴質」はどうだったのか?

日本中がラグビーW杯に夢中になっている。特に日本代表戦はチームの快進撃もあって、驚異的な視聴率を叩きだしているが、一方「視聴質」はどのようになっているのだろうか? そこでこのほど、人体認識技術を用いて、テレビ視聴者の視聴態勢から「視聴質」データを取得・提供するTVISION INSIGHTS株式会社による、2019年10月5日 (土) に日本テレビで放送された『ラグビーワールドカップ 日本対サモア戦』の視聴質について紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/789920/

この視点で観戦すると面白い!ラグビーの試合とビジネスの現場マネジメントに共通する2つのポイント

ラグビーワールドカップ2019が盛り上がる中、時に、ビジネス視点でラグビーのチームマネジメントを見るのも面白い。リクルートマネジメントソリューションズ 営業統括部営業2部マネジャー 佐々木康之さんは、ラグビーとビジネス現場には、ある共通点が多いという。自身も学生時代に早稲田大学体育会ラグビー部に所属していた経験も踏まえ、ラグビーをヒントにした組織マネジメント術や、ラグビーの試合をより面白く観るポイントを聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/788107/

日本で大フィーバーのラグビーW杯、中国で人気がないのはなぜ?

日本で大変な盛り上がりを見せている『ラグビーワールドカップ(W杯)』だが、中国では熱量が低いと言われている。そんなラグビーと中国の関係について三井住友DSアセットマネジメントがレポートを公開したので紹介しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/787809/

ラグビーW杯の優勝国予想アンケート、事前調査で日本の優勝を予想した人の割合は?

昨日の勝利でさらに「ラグビーW杯2019日本大会」が盛り上がっているが、その前にスカパー!は全国のラグビーに関心がある20~59歳の男女1,000名を対象に『ラグビーに関する調査』を実施していた。 全回答者(1,000名)に、ラグビーのどのようなところに魅力を感じるか聞いたところ、「迫力がある(ぶつかり合いやタックル、スクラムなど)」(65.5%)が最も高く、次いで、「スピード感がある」(44.4%)、「全員で守って、全員で攻めるスポーツである」(40.7%)、「チームに一体感がある(One For All , All For One)」(27.5%)、「ルールがわからなくても楽しめる」(26.3%)となった。迫力やスピード感が醍醐味となっていることが判明した。

【参考】https://dime.jp/genre/779957/

日本は何位?2000人に聞いたラグビーW杯の優勝予想国ランキング

ついに開幕したラグビーW杯。史上初の日本開催とあって、快進撃を遂げた2015年を上回る盛り上がりを見せている。 そんなラグビー及びラグビーW杯にちなんだアンケート調査がこのほど、@niftyニュース「何でも調査団」にて2,155人を対象に行われたので、紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/777205/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。