人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

0-100km/h加速は2.5秒、最高速度340km/hの史上最強スペック!すべてが革新的なフェラーリ初の量産型PHEV「SF90 Stradale」

2019.10.17

「視線は路上、手はステアリングホイール」という思想のインテリア・レイアウト

コックピットは、空気抵抗の低減を図るべく、これまでよりも前面投影面積が小さくなり、位置が車体前方に移動しているが、乗車時の快適性は一切犠牲にしていない。

また、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)とインテリアのコンセプトを一新。ステアリングホイールに配されたタッチパッドとハプティック(触覚フィードバック)ボタンにより、親指だけで車両の様々な機能を制御できるようになった。

また、中央のインストルメントパネルは、フルデジタル化され、ステアリングホイールに設置したコントローラーで全ての設定、操作ができる16インチの世界初となる曲面HDスクリーンを採用。

センターコンソールには、8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)のシフトスイッチを中心にハザード、両サイドのパワーウィンドウのスイッチなどが備わっている。

フロントにあるトランク容量は、74Lとのことで決して大きいわけではないが、ふたり分の手荷物を収納するには充分使えそうだ。

「SF90 Stradale」の価格は5340万円となり、スポーツ仕様の「Assetto Fiorano」はオプションとして用意され、価格はプラス570万円ほどの設定が見込まれている。ただし、デリバリー開始時期など、詳細はアナウンスされていない。

まとめ

さて、ハイブリッドカーとしては、限定車であるラ フェラーリに続き2車種目となる量産型PHEVの「SF90 Stradale」。欧州では内燃機関だけで走るクルマの新車販売に対する期限が迫ってくる中、フェラーリとしても新たな方向性を模索しなければならないのは、よくわかる。

ただし、これほどまでにフェラーリが確立した世界観に於いて、音のしない「SF90 Stradale」が、走っている姿を想像できるだろうか?いや、決して官能的な音を奏でながら走るクルマがいいという意味ではない。フォーミュラEのような、静かで速いスマートな世界観もあるからだ。

これからフェラーリは、長い歴史の中で築き上げてきた強烈な世界観を一旦リセットして、新たなスタートを切る必要に迫られている。その第一歩となるクルマが「SF90 Stradale」ではないだろうか。

関連情報
https://www.ferrari.com/ja-JP/auto/sf90-stradale

取材・文・撮影/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。