人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

FX業界に激震が走った!?スプレッドの引き下げで何がどう変わるのか?

2019.10.26

 FX取引業界に新たな競争の波が押し寄せている。スプレッドの引き下げによりFX業界にどのような動きが起こるのか。スプレッド競争を勝ち残るのはどの業者だろうか。

 2019年10月16日みんなのFXが「米ドル/円」のスプレッドを0.1銭に引き下げた。追従してゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレードフィナンシャル)が引き下げた。

みんなのFXが提示している米ドル/円のスプレッド。11月29日までの期間限定でかつ午前9時から翌日の午前0時までの時間限定。
引用元:みんなのFX

ゴールデンウェイ・ジャパンは「日本NO.1最狭スプレッド挑戦計画」を2019年9月26日に発表していた。この発表に対して大手各社が追従した形になっている。
引用元:ゴールデンウェイ・ジャパン

引き下げ前は0.3銭が一般的だったので、今回の引き下げによりスプレッドが3分の1になったことになる。

前日にFX業者が続々とスプレッドを0.2銭へ引き下げた

 事の発端は前日の2019年10月15日。外国為替証拠金取引(FX取引)の提供を行う業者が、次々と「米ドル/円」のスプレッドを0.2銭に引き下げる発表を行った。

 たかが0.1銭、0,2銭引き下げと思うかもしれないがFX業者のビジネスモデル的には収益に大きく影響する。

 10月15日に引き下げを発表したFX業者は、GMOクリック証券、DMM.com証券、ワイジェイFX、楽天証券など。取引量ではGMOクリック証券が日本一を誇り、以下DMM.com証券、ワイジェイFXと続いている。

そんなFX業者のビジネスモデルを詳しく紹介しよう。

米ドル/円スプレッド0,2銭を発表したFX業者では、どこも業界最小水準スプレッドとして、投資家に対するコストの小ささをアピールして取引を促している。
引用元:左:GMOクリック証券 右:楽天FX/楽天証券

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。