人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンの平均読書時間は1日15分未満!オーディオブックを使った「聴く書」で読書量を増やす方法

2019.10.17

忙しいビジネスパーソンでも、耳のスキマ時間を使って読書時間を確保できる上に、読書数も増えるという、「読書」ならぬ、「聴く書」。いわゆる「オーディオブック」をビジネスパーソンが活用することによるメリットや実際の生活を探ってみよう。

ビジネスパーソンの読書時間は一日15分未満!

楽天ブックスが2018年9月に全国のビジネスパーソン1,000人を対象に実施した「ビジネスパーソンの読書の実態調査」によれば、ビジネスパーソンの読書時間は「一日15分未満」がトップで39.4%、次いで「15分~30分未満」が26.7%という結果になっていた。

一見して、ビジネスパーソンは時間がなく、たった15分程度しか読書時間がとれない実態がわかる。

そこで期待が高まるのが、オーディオブックによる「聴く書」。目で文字を追って読むのではなく、ナレーターや声優などによって音読された本を耳で聴くことで読書する方式だ。

この聴く書は、普通の読書と比較して読書スピードはどう変化するのだろうか。

オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」を手掛ける株式会社オトバンクの広報担当者は次のように話す。

「オーディオブックには、再生速度の調整機能があり、例えば4倍まで速度を速めることができるものもあります。慣れればかなりのスピードで聴き進められるようになります。

また、オーディオブックの強みは、耳のスキマ時間(=耳の可処分時間)を活用できる点にあります。目と手が空いている時間はなかなか取れなくても、耳のスキマ時間を活用すれば、読書(聴く書)時間もより気軽にとれるはずです。弊社が行った耳のスキマ時間に関するアンケート調査の結果、1日あたりの耳のスキマ時間は2~3時間と感じている方が約6割にも上っていました。平均の読書時間が1日15分とすれば、耳のスキマ時間をフルで活用して読書すれば、8倍~12倍に増加することが可能だと考えられます」

株式会社オトバンク アンケート調査結果より(2019 年9月実施)

また、オーディオブックにより、実際、読む本の数も増えている人もいるという。

「実際にオーディオブックを利用している方を対象にした調査では、オーディオブックの利用前後で、一ヶ月あたりの読書量が『平均4冊』増加することがわかっています。また、オーディオブックを読む頻度が毎日という方が50%にも上り、オーディオブック利用前と比べて毎日読書している方は2倍に増えています」

株式会社オトバンク アンケート調査結果より(2019年2月実施)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。