人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

おせちの意味と由来を知ってる?料理ひとつひとつの名前や意味、区分けなども解説

2019.12.07

新しい年を迎えるにあたり、それぞれの家庭で、華やかにお正月を彩ることでしょう。なかでも、おせち料理は新年の食卓に欠かせません。おせち料理には、一つ一つに意味があることを知っていますか? 古来、さまざまな願いや思いが込められてきたのです。

おせち料理の意味や分類

いろいろな食材を使って、色鮮やかに盛りつけられるものがおせち料理です。お重の蓋を開けると、その華やかさに心躍ります。

近年では、出来合いのものを購入する家庭も増えています。そのため、それぞれの料理や並べ方などの意味を考える機会も少なくなっているようです。

おせち料理には、昔から受け継がれた思いが、至る所に込められています。おせちの意味を理解すると、新年を祝う幸せな気持ちもより大きく膨らむでしょう。

おせちはお節供が由来

中国がまだ唐であった時代、一年を竹のようにとらえ、年中行事を『節(せつ)』で区切っていました。

大陸からさまざまな文化を取り入れていたかつての日本は、この節についても倣いました。そして、節の区切りの日、つまり大切な日を『節区(せっく)』とし、『節句』など表記の変遷を経て『節供』となったのです。

節句には、神様への供物として料理を供えました。それが『おせち(お節)料理』の始まりといわれています。そして、人々も、特別な日をおいしい料理で祝ったのです。

お正月の他に、お節供の日はいくつか定めらえています。3月3日『桃(上巳)の節供』、5月5日『菖蒲(端午)の節句』、7月7日『七夕』、9月9日『菊(重陽)の節句』などです。

かつてはそれぞれのお節供でおせち料理が食されました。しかし現在の日本では、お正月料理のみを指すようになっています。

おせち料理の歴史

おせち料理の歴史は、とても古いものです。起源は、奈良時代にまで遡ると言われています。

唐から『節』の文化が伝えられましたが、その後の奈良時代には宮中で『節会(せちえ)』が行われるようになりました。これは、一年の節目である節供を祝うために、特別な料理が振る舞われる宴会のことです。

節会は、江戸時代に入ってとても盛んなものになりました。縁起物や語呂合わせを好む江戸町人の気質にも合っていたからと考えられています。

『おせっくりょうり』『おせちくりょうり』などと呼ばれていたお節供料理が、大衆に広まるに従って『おせち』と定まり、現在に至っています。

おせち料理の分類や種類

一口におせち料理といいますが、そこにならぶ料理にはさまざまな種類があります。その分類や種類について、どれくらい知っていますか?

おせち料理には五つの分類がある

懐石料理を思い浮かべてみましょう。それは、コース料理のように、数々の料理が分かれています。おせち料理も同様で、大きく5種類に分類されます。

それは『祝い肴』『口取り』『焼き物』『酢の物』『煮物』の5種類です。各々の料理に、節目を祝う意味や由来があります。

一般的に、おせち料理は重箱に詰めます。これには、幸せを重ねるという意味が存在するのです。2段、3段あるいは5段などいろいろですが、4段が正式な形式だと言われています。

かつて『3』は、完全な数とされていました。その3に一つを重ね、より崇高な意味を持たせようとしたからだそうです。

『一の重』『二の重』『三の重』と続き、『与の重』となります。『四』は死を連想させて縁起が悪いということで、与の文字が用いられていると言われます。

種類は20から30ある

おせち料理に並ぶ料理は、地域によって異なります。それぞれの地方で収穫できるものの中から、おいしく、保存がきき、お祝いに関連付く料理を選んできました。

また、いくつもの側面から特別な日を祝おうと、どの地方でもたくさんの品数を揃えることが共通しています。その種類は20~30にまでのぼります。

代表的な料理を列記してみましょう。黒豆・数の子・たたきごぼう・田作り・かまぼこ・だて巻き・きんとん・紅白なますなどがポピュラーです。

また、タイの姿焼き・ブリの照り焼き・クルマエビ艶煮・煮蛤・昆布巻き・筑前煮などもあります。

おせち料理と意味合い

おせち料理では、20~30種類の品数が揃います。しかし、一般家庭で手作りしようと思うと、それら全てを調理し準備するのはとても大変です。

そこで、一品一品の意味を理解しておくことをおすすめします。おせち料理には、それぞれに願いや思いが込められています。

それを把握しておくと、自分の家庭に見合った料理をチョイスすることができるでしょう。

数の子などの「子孫繁栄」

『数の子』は、おせち料理に欠かせない一品であると同時に、とても人気の高いものです。コリコリとした食感と、口の中で一粒ずつホロホロと分かれていく舌ざわりはなんとも言えません。

ニシンの卵を干した数の子は、数多くの卵が集まっていることから、子孫繫栄や子宝を願うものとして選ばれています。健康で丈夫な赤ちゃんを期待するための料理なのです。

その他にも、種芋を植えると子芋が多くつくことから、里芋も子宝を願う料理とされています。また、『子を生む』の語呂が『こぶ』に似ているので、昆布巻きにも子孫繁栄への期待が込められています。

田作りなどの「豊作」

カタクチイワシの幼魚を乾燥させ、それをしょうゆやみりんで甘辛く調理した料理が『田作り』です。ごまめ・ことのばらとも呼ばれ、おせち料理には欠かせないものの一つです。

なぜ魚料理なのに田作りと名付けられているのでしょうか。それは、かつては雑魚として扱われていたカタクチイワシを、畑の肥料として用いていたことに由来しています。

良い農産物が収穫できるようにと、豊作を願い、畑にカタクチイワシを撒くように、おせち料理として食すのです。そして、その意味が広がり、商売繁盛も祈願するようになりました。

黒豆は「健康」

黒豆は、子どもから大人まで、幅広い人気を得ている料理でしょう。黒豆も、おせちの定番です。

「まめな暮らしを続ける」。すなわち、健やかな毎日を送れるようにという意味で、健康を願う食べ物です。

また、砂糖を入れて煮ると、表面の皮にシワができてきます。これも、シワシワになるまで長生きしようという思いと重なっているのです。

おせち料理の詰め方

おせち料理は、正式には4段のお重に詰めることや、数多くの料理にはそれぞれ意味があることを見てきました。では、その詰め方にも、決まりはあるのでしょうか。

一の重は祝い肴と口取り

重ねた箱の、1番上にあるのが『一の重』です。ここには、祝い事に最もふさわしい祝い肴(いわいざかな)と口取りを詰めましょう。きんとんやかまぼこといった、お酒の肴に適した料理を口取りといいます。

具体的には、次のような品目です。数の子・黒豆・たたきごぼう・田作り・紅白かまぼこ・だて巻き・昆布巻き・きんとん・ちょろぎ・そして錦玉子などです。

二の重は焼き物

『二の重』にくるものは、海の幸が中心です。かつては冷蔵保存などが難しかったため、魚介類はとても貴重でした。そして、縁起もいいものとされていたのです。

タイの姿焼き・ブリの照り焼き・海老の艶煮などがそれに当たります。

タイは『めでたい』の語呂合わせで、ブリは出世魚のため、さらなる飛躍を期して盛り付けられます。そして海老には、その姿のように、腰が曲がるまでの長寿への願いを込めます。

三の重は煮物

続く『三の重』には、山の幸を中心に詰めていきます。家族の絆が強く結ばれるようにと、煮しめを入れることも忘れないようにしましょう。

食材には、次のようなものが用いられます。里芋・八つ頭・くわい・ごぼうなどです。意味として、八つ頭は頭が出る、つまり出世への願いです。

また、くわいは大きな芽を付けることから、こちらも出世願い、また子宝への期待も込めています。さらにごぼうは、しっかりと根を張る生き方を目指すためのものです。

与の重と五の重

『与の重』には、保存がきくものを積めます。紅白なますや菊花かぶ、小肌の栗漬けなどです。紅白なますや菊花かぶは、それぞれおめでたいものの象徴として、出世魚の小肌は飛躍を期して詰めましょう。

『五の重』は、本来不可欠なものではありません。5段で重ねる場合、神様からの福を詰める意味で、空のままにしておく地域もあるようです。また、一般的なおせち料理とは別の料理を詰めてもいいでしょう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。