人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドコモの5Gプレサービスがスタート、楽天もサービスイン!5G時代に向けて通信キャリアが進むべき道

2019.10.16

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はドコモの5Gがプレサービスイン。その是非について議論します。

もやもやしたドコモの5Gプレサービス

房野氏:ラグビーワールドカップに合わせてドコモの5Gプレサービスが始まりましたね。

房野氏

石川氏:20日のパブリックビューイングの取材に行って見てきましたが、プレサービスという名の実証実験だったという感じでした。端末はLGの2画面スマホはあったけれど、実際に5Gにつながっているのは2台だけで、5Gをどこで使っているかも聞かないと答えないし、光回線と5Gのミックスだと言い始めるし。ドコモの人は技術的に安定性を確保したと言っていたけれど、なんか思っていたのと違う! 

実証実験の模様。4K映像を5Gプレサービス対応端末にて伝送

5G プレサービス対応端末

石川氏

石野氏:僕は途中で帰りました。

石野氏

石川氏:自分も試合の前半を見て帰った。石野さんなんてパブリックビューイングを全然見ないでずっとスマホ見てた(笑)

石野氏:5Gを見にきたつもりが、ただラグビーを見せられているような感じになっていた。石川さんの言った通り、光回線と5Gの両方を使ったというのは、4Kのメインのディスプレイの左右にフルHD程度のサイドビューが付いている大きなディスプレイだったんですけど、全部光回線でデータを流せば一番安定するじゃんって思うところがあって、そこをミックスした意味がよくわからなかった。また、LGの2画面端末はたくさんあったのに、ほとんどがWi-Fiでつながっていた。ちょっと思っていたのと違った。あと、ドコモショップにも5Gを配備するといっていたのに、プレサービス当日にはなかったりして、大々的に発表会をやった割にスタートの足並みが揃っていないというか。ソフトバンクのプレサービスよりは遙かに大規模でしたけど。

石川氏:パブリックビューイングが大規模であって、5Gのサービスが大規模かといったらそうでもない。プレサービス開始もラグビーワールドカップに合わせてなので、仕方がないのはわかるし、パブリックビューイングなのでラグビーが目立つのは理解できるんですけど「5Gの使われ方がしょぼくない?」って気持ちだったんだよね。2日前の9月18日の会見でドコモの吉澤社長が、2019年の9月20日は、将来振り返ったら5Gのスタートの日だったとなるようにと言っていた割に……。

NTTドコモ株式会社 代表取締役社長 吉澤和弘氏

石野氏:かなりぶち上げていましたよね。「実質的なスタート」というスライドがドーンと出て。端末価格の“実質”がなくなったと思ったら、開始日が“実質”になっちゃったよって衝撃を受けたんですけど(笑)

石川氏:あれをスタートと言ってはいけないんじゃないかというくらいの、なんか……

法林氏:楽天のサービスインよりひどいかもしれない?(笑)

法林氏

石野氏:いやぁ、五十歩百歩ですね(笑)

石川氏:無料サービスとしたら、どっちもどっちという感じでした。

法林氏:FOMAのサービスインは4500人でやったけど、その時も「あれっ?」と思ったけれど、まぁ、でもだいだいそんなものなんだなという感じはしました。

石野氏:5G端末がドコモショップに置いてある程度で、ユーザーに端末を配らないじゃないですか。プレサービスという名前から受ける印象と、ちょっと違うなという感じがしました。

法林氏:ニュアンスとしてはお披露目サービスですよね。

石川氏:最初は基地局が40か所くらいからスタートという話だし。

石野氏:しかもその40か所も、場所をちゃんと教えてくれない。

石川氏:聞かないと教えてくれないんだよね。

法林氏:具体的な場所を聞いても教えてくれない楽天モバイルみたいな感じ?

石川氏:そうそう。

石野氏:聞けば教えてくれるんですけど、色々と情報を伏せているんですよ。パブリックビューイングで5G回線につながっていたのが2台というのも、聞かないと教えてくれなかったし。

石川氏:パブリックビューイングの会場となったベルサール汐留も、40か所のうちの1か所。

石野氏:そう。5Gの基地局はどこにあるんですか? と聞いたら、なんかモゴモゴ。「後ろの方にあって」とか。

石川氏:見えない位置にあった。

石野氏:見えるのは全部Wi-Fi。Wi-Fiのアクセスポイントがずらーっと並んでいた。

石川氏:Wi-Fi、めっちゃやる気じゃんって。

石野氏:あのWi-Fiアクセスポイントの数を見たら、あそこを5Gエリア化する必要がないよなって思ったな(笑) その割に宣伝にはお金をかけている。発表会は滅茶苦茶豪華だった。端末も、海外では普通に売られているサムスンの「Galaxy S10 5G」やLGの「V50 ThinQ 5G」とかをわざわざテスト端末として、しかも7000台も調達するとか、やっていることは豪華なんです。ソニーやシャープの端末も含む4機種で7000台なので、1機種1000台強というところでしょうけど、ちょっとゴージャス過ぎて。そうやってお金を使っている割には、ユーザーがどこに行けば5Gを体験できるかわからない。ふわっとした感じがあって、すごいもやもやしたなぁ。

石川氏:今、5Gが注目されて盛り上がっていて、一般メディアも取り上げているけど、来年の春には5Gバブルが弾けるような気がすごくしている。5Gに対する期待値が高いじゃないですか。産業が変わるとか、自分もたまに言うけど(笑) ただ、ラグビーの多視点映像は、一見すごそうでも、多視点で映像を見るって大変だなと思った。

石野氏:超面倒くさいですよね。

石川氏:今までの中継は、カメラマンがいて、ディレクターがいて、すべての情報を適切にスイッチングして最適な情報を見せてくれているのを我々は楽しんでいるわけです。でも、多視点映像だとそれを自分でやらなきゃいけない。

石野氏:ユーザーに編集を丸投げしているみたいな感じ。

石川氏:そうそう。丸投げされているので、本当に便利なのかといったら、うーん。むしろ、ちゃんとスイッチングされた映像を見た方がいいなって思った。

石野氏:監督とゼネラルマネージャーが説明っぽいセリフを言ってルールを解説しているとわかりやすいですよね。

石川氏:それで最後に米津玄師の歌が流れてきたらいいなって感じ。

房野氏:(笑)速度はどうでした? 5Gだという実感はありましたか?

石川氏:全然ないですよ。5Gにつながっている端末もあるけれど、ただデータが流れているだけで操作もしていないし。

石野氏:流れているデータの解像度もモゴモゴ言っていて「たぶん4Kなんじゃないのかな…」とか(笑) いや、違うでしょ、これ。フルHD×3本とか、そんな感じかなと。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。