人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Instagramの親しい友達と写真やメッセージ、ストーリーズなどが瞬時にシェアできるメッセージアプリ「Threads」誕生

2019.10.11

Instagramは、親しい友達と写真や動画を通じてより気軽にやりとりができる新しい単独メッセージアプリ「Threads(スレッズ)」をローンチした。

Instagramはこれまでも、利用者が写真や動画などビジュアルをシェアして大切な人とつながることができるよう、毎日のちょっとした瞬間を共有するInstagramストーリーズや、メッセージをやりとりするダイレクト機能など、様々なツールや機能を導入してきた。

しかし利用者は、特に身近な友達とは1日を通してより密接にコミュニケーションを取り、いま何をしていて、どんなことを感じているかを、写真や動画で共有したいと感じていることが分かったという。

そこで、親しい友達とのメッセージのやりとりに特化した新しいアプリ、Threadsを開発した。

Threadsは、親しい友達とより簡単につながること、瞬時にやりとりができること、そしてプライバシーを考えてデザインされた単独アプリ。

利用者は、Instagramで作成した「親しい友達リスト」に追加されているアカウントと、写真・動画・メッセージ・ストーリーズなどをシェアすることができる。

Threadsでやりとりする相手は利用者自身がカスタマイズし、管理することが可能だ。

親しい友達専用のメッセージアプリ

2018年11月に追加された機能の「親しい友達リスト」によって、ストーリーズ投稿をあらかじめリストに追加したアカウントに限定してシェアできるようになった。

Threadsでは、親しい友達リストのアカウントとメッセージのやりとりをすることができ、ダイレクトメッセージが届くと専用の受信箱に届く。

まだInstagramで親しい友達リストを作成していない場合は、Threadsをダウンロードしてからアカウントを選択し、直接リストを作ることができる。

瞬時に写真と動画をシェア

Instagram上で、親しい友達に写真や動画を最速でシェアする方法がThreads。アプリを開くと最初の画面にカメラが表示される。

特にやりとりが多い友達をショートカットとして追加しておけば、写真や動画を撮影して送信するまで、たった2回タップするだけで、いま何をしているのかを共有することができる。

ステータスで友達の状況をチェック

利用者からは、写真を撮って送ったり、メッセージのやりとりをする時間がないときでも、自分がそのとき何をしているのかを伝えることで、1日を通して気軽に友達とつながる方法がほしいという声があった。

それが、Threadsに「ステータス」を追加した理由だという。

利用者は「勉強中」のようにあらかじめ用意されたステータスを選択するだけでなく、「考え中」のように自分でオリジナルのステータスを作成することもできる。

また、自動ステータスをONにすれば、そのときいる場所に合わせて自動的に更新され、「移動中」のように、詳細は伏せたままで自分の状況をシェアすることができる。

自動ステータスを見ることができるのは親しい友達のみで、表示するかどうかはON/OFFで選択することが可能だ。

ステータスはプライバシー保護を考慮してデザインされており、自分のステータスを表示するか、誰とシェアするかは利用者自身が管理することができる。

ダイレクト機能もこれまでどおり使用可能

Threadsには、親しい友達リストにあるアカウントとのやりとりだけが表示される。これらのメッセージはInstagramのダイレクト機能にも表示されるため、どちらのアプリでも会話を続けることができる。

iOS
https://apps.apple.com/app/id1473867767

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.instagram.threadsapp

Instagram 公式アカウント:https://www.instagram.com/instagram/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。