人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

焙煎士が試飲!気分転換に欠かせないコーヒーはコーヒーマシンを変えるとどこまでおいしくなる?

2019.10.14

224ポーセリン『カフェハット』

コーヒーは、食後のひとときを過ごすうえで欠かせない、大人の嗜好品だ。それだけに自宅でもっと本格的な味わいを追求するには、何を取り入れればいいのか? 注目のツールたちを、新進気鋭の焙煎士に試してもらった。

【 道具ひとつで味わいは変わります!】

小池 司さん

『COFFEE VALLEY』オーナー・焙煎士  小池 司さん
東京・池袋のスペシャルティコーヒー専門店『COFFEE VALLEY』オーナー・焙煎士。自家焙煎のコーヒー豆を幅広く取り揃える。http://coffeevalley.jp

ライフスタイルに合ったツールをセレクトしよう

 焙煎士としてコーヒー豆と向き合い、客の好みに合わせた一杯を提供する小池司さん。ツールの取り入れ方は、それぞれの生活スタイルによって違ってくるという。

「例えば、一人暮らしで毎朝手軽に一杯分を淹れたいならプレス式、コーヒー好きで丁寧に自分の好みの一杯を淹れたいなら、自由度の高いドリップ式というように、自分に合った道具を選ぶことが大切。スマホと連携するIoTコーヒーメーカーも注目です。自分好みの味わいを記録できるので、こだわりたい人は使ってみては?」

コーヒーメーカー

【ドリッパー】浄水機能も持つ磁器製ドリッパー

224ポーセリン『カフェハット』

224ポーセリン『カフェハット』3500円

コーヒーフィルター不要のセラミック製ドリッパー。遠赤外線効果とミクロの穴がカルキ臭や不純物を取り除き、まろやかで飲みやすい一杯が淹れられる。

224ポーセリン『カフェハット』

サイズ:直径105×H75mm(フィルター)、105×105×H9mm(コースター)

〈KOIKE’S REVIEW〉粉っぽさも残らないのがGOOD

「これを通すと水やお酒もまろやかになるんです。実はバーテンさんで使っている人も多いんですよ!」

[OTHER CHOICE]

BARISTA & CO『ブリューイットスティック』

BARISTA & CO『ブリューイットスティック』1800円

シングルサーブ用コーヒーインフューザー。スティックの先のフィルターに粉を入れ、マグカップに差し込んで湯を注ぐだけと簡単。

サイズ:W64xH200×D64mm

〈KOIKE’S REVIEW〉

「ちょうど一杯分の粉が入る容量なので便利。お湯に浸す時間で自分好みの濃さに調整できますよ。」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。