人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年9月の街角景気、増税前の駆け込み需要で大きく上昇

2019.10.10

「景気ウォッチャー調査」、いわゆる『街角景気』とは、景気に敏感なタクシー運転手や小売店、メーカー、輸送業、広告代理店など、地域の景気の動きを敏感に観察できる立場にある約2,000人を対象とした調査。

9月の『街角景気』では、足元の景況感を示す現状判断指数(DI)は前月から大きく上昇する一方、先行きを示す先行き判断DIは低下した。

消費増税を目前に、予想以上の駆け込み需要があったとみられる。

そんな「街角景気」について、三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

現状判断DIは前月比+3.9ポイントの46.7と大きく上昇

先行き判断DIは▲2.8ポイントの36.9と、14年3月以来の低水準

2019年9月の『街角景気』によると、現状判断DI(季節調整値)は前月比+3.9ポイントの46.7。上昇は2カ月連続であり、水準は19年2月以来の高さとなった。

項目別では、家計動向関連、企業動向関連が上昇。小売業を中心に、消費増税前の駆け込み需要が出た模様で、百貨店と家電量販店の上昇が目立った。企業動向関連でも駆け込み需要がみられた。一方、雇用関連は低下した。

先行き判断DIは前月比▲2.8ポイントの36.9と、3カ月連続で低下し、前回の消費増税前の14年3月以来の低さとなった。

先行きに対する慎重姿勢が一段と強まったと言える。全ての項目で悪化しており、消費増税後の需要の落ち込みや、設備投資関連の見積もり、中国市場関連の受注への懸念が示された。

他方、キャッシュレス決済のポイント還元への期待がみられた。

現状のコメントは「駆け込み」が急増

先行きは「節約」「不安」が増加継続

街角の声をより客観的に分析する、同社独自のテキストマイニングによる分析手法※によると、ウォッチャーの現状判断に関するコメントにおける単語の使用数は、「好調」、「良い」などのポジティブな単語がネガティブな単語を4カ月ぶりに上回った。「駆け込み」が急増した。

先行き判断については、ネガティブな単語がポジティブな単語を上回り、その差が拡大した。「節約」や「不安」にかかわる用語が引き続き増加した。

※テキスト(文書)をコンピュータで探索する技術の総称。典型的な例として、テキストにおける単語の使用頻度を測定し、テキストの特徴を統計的に分析・可視化することで、背後にある有益な情報を探ることができる。

“回復”に弱い動き、駆け込み需要の反動など消費動向に注目

内閣府は『街角景気』について、駆け込み需要が一部にみられることに言及した他は、「このところ回復に弱い動きがみられる」、先行きについては「消費税率引上げや海外情勢等に対する懸念がみられる」との見方を維持した。

9月の『街角景気』は、予想以上に駆け込み需要がみられ、反動減への懸念などから先行き判断は一層悪化。

軽減税率の適用やポイント還元、政府の景気対策などを踏まえ、駆け込み需要後の反動など今後の消費動向が注目される。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。