人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JR東日本が無人駅を活用しカフェや工房、地域活性化を目指した新事業を開始

2019.10.09

東日本旅客鉄道とJR東日本スタートアップは、「JR東日本スタートアッププログラム2018」で採択したCAMPFIREと、「地域にチカラを!プロジェクト」と題し、「地域商品開発」「無人駅の活用」の2つのテーマで新規事業案を募集。

今回、応募の中から選ばれた「無人駅の活用」部門の2プロジェクトを対象に、CAMPFIREにて資金調達を開始した。

「地域にチカラを!プロジェクト」とは

「地域にチカラを!プロジェクト」は、地域の活性化を目的に、CAMPFIREがクラウドファンディングのプロジェクト立ち上げをサポートし、JR東日本はネットワークを生かしたPRをサポートする、共同のプロジェクト。

2018年12月から約1ヵ月間、「地域商品開発」と「無人駅の活用」の2つのテーマで、地域をより元気に、より魅力的にするアイディアの一般公募を行なった。

今回は「無人駅の活用」部門への36件の応募の中から、JR東日本とCAMPFIREが選出した次の2件のプロジェクトを開始する。

一般社団法人次世代漆協会による、山田線上米内(かみよない)駅(岩手県盛岡市)のプロジェクト

「イーハトーブの里山に、無人駅を活用したカフェと工房を作りたい!」

漆増産に取り組む上米内(かみよない)地域の鉄道駅において、列車の待合所としての役割に加え、飲料の提供と漆工房があるカフェ、産直やイベントのできる場所、地域を元気にする賑わう拠点を作る。

https://camp-fire.jp/projects/view/190589

有限会社ストカによる、信越本線帯織(おびおり)駅(新潟県三条市)のプロジェクト

「無人駅を活用して燕三条地域の産業発信地と交流拠点にしたい」

ものづくりの町として高い技術力を持った企業が集まる燕三条地域だからこそできる、無人駅をリノベーションした地域産業の発信拠点とものづくりができる交流拠点を作る。

https://camp-fire.jp/projects/view/172423

それぞれのプロジェクトにおいて、JR東日本は地域の活性化の舞台として、地域の企業・団体に対して無人駅の駅舎の貸付けを行なうという。

また、地域の企業・団体は、準備・運営に必要な資金の一部について、CAMPFIREのプラットフォームを利用してクラウドファンディングでの資金調達に取り組む。

クラウドファンディングの募集期間は2019年9月30日(月)〜11月29日(金)となる。

▼地域にチカラを!プロジェクト 特設ページ     
https://camp-fire.jp/channels/jreast

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。