人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

金箔ソフト、湯郷美人プリン、3大温泉、岡山県北部の知られざる名品と観光地5選

2019.10.09

岡山県の定番観光スポットといえば、「倉敷美観地区」や「岡山城」、「岡山後楽園」、など県南部エリアに集中している。しかし近年は、岡山県北部が積極的に観光地としての魅力を打ち出してきており、今年7月には名産品の金箔を使ったソフトクリームの販売がスタート。そこで今回は、じわじわ盛り上がる岡山県北部の魅力を探る。

岡山県北部の隠れた名産品・観光地5選

旅行時には定番の岡山市や倉敷市から、ほんの少し岡山県の北部に足を延ばしてみると、大人の興味をそそる観光スポットが多数ある。その津山市、美作市、鏡野町などから知られざる魅力のある観光地をピックアップしてみよう。

1.美作三湯(みまさかさんとう)

県北部には「湯郷(ゆのごう)温泉」「湯原(ゆばら)温泉」「奥津(おくつ)温泉」の3つの名湯からなる日本屈指の温泉地「美作三湯(みまさかさんとう)」がある。

美作市役所「みまさか観光ナビ」によれば、湯郷温泉の由来は、「今から約1200年前に、円仁法師が西国巡礼の際に、1羽の白鷺が足の傷を癒しているのを見て、温泉を発見したと伝えられており、別名「鷺の湯」と呼ばれ、昔から親しまれてきました。」とされる。

また肌がつるつるになると評判なことから、「美人の湯」とも呼ばれるそうだ。

この秋冬、美作三湯では「温泉×アート」のイベントが開催される。美作三湯の温泉地区にある宿泊施設及びその周辺25か所に、県内外の気鋭のアーティストが作品を展示し、様々なアートを鑑賞できるイベント「美作三湯芸術温度」。(2019年10月5日(土)~2020年1月13日(月・祝)まで。)

湯を楽しむのはもちろん、この秋冬にイベントを理由に足を伸ばしてみるのもよさそうだ。

2.「湯郷美人」(ゆのごうびじん)

この湯郷温泉では、行列のできるご当地スイーツ「湯郷美人」というプリンが、旅館・ホテルの女将の会と美作農園との商品開発により生まれている。

「"美人を作る"」をコンセプトに、湯郷温泉のお客さんに内面からも美しくなってもらおうという考えで、ビタミンCを含むいちごを使ったスイーツが提案されたという。

湯郷美人には、美作市のどんぐり農園の国産鶏「もみじ」の朝どれ赤卵、蒜山の濃厚ジャージー牛乳と生クリームが使われている。

そして味展開は、美作農園のいちごとぶどうが使われたいちごぷりんとぶどうぷりん、美作市海田のほうじ茶が使われたほうじ茶ぷりんの3種。

とにかく美作づくしのプリンで、オンラインショップでも人気を放っている。

3.「津山金箔ソフトクリーム」

金箔の保存用に使われる「箔合紙(はくあいし)」は、薄くかさばらず、表面がなめらかで、金箔を傷つけることがないため、金箔工芸には欠かせないが、作られているのは津山だけ。

津山市観光協会は、津山市横野地区で作られている「津山箔合紙」と金箔の関係をもっと多くの方に知ってほしいという思いで、2019年7月20日より11月までの期間限定で、津山市の城東地区にある観光案内所「和蘭堂(おらんだどう)」で、津山箔合紙を用いた「津山金箔ソフトクリーム」を販売スタートした。

津山金箔ソフトクリーム 890円(税込)

これは、和蘭堂で販売しているバニラ味のソフトクリームに、金沢市で作られた金箔と金粉を乗せて、コーンに津山箔合紙を巻いたもの。金箔ソフトの見た目のインパクトで、どうしても上部に目が行くが、実はコーンに巻かれた紙こそ、岡山県北部の知られざる特産品だということだ。

4.「姫とうがらし」

姫とうがらしは、鏡野町奥津地域で栽培している、日本古来の希少な唐辛子。

先祖代々伝承されている鏡野町の特産品でもある。鮮やかな赤色と平均約15cmもの大型、という特徴を持つ。口に入れてか1~2秒後、つまり1テンポ遅れてくる辛さが特徴とされる。

岡山県北部の魅力とは?

これまで、岡山県北部の知られざる魅力を紹介してきたが、岡山県北部の魅力を一言で言えば、どんなことなのだろうか? また、今回取り上げたもの以外にも見どころを、岡山県美作県民局長の小寺紀孝さんに聞いた。

―岡山県北部の魅力は、一言で言えば何ですか?

「岡山県北部は『美作国(みまさかのくに)』と呼ばれるように、『美』が魅力です。美肌、美術、美味、美田、美酒…と、たくさんの美を四季折々の自然の中で楽しめる場所です」

―美作国には、具体的にどんな魅力的なスポットや特産物があるのでしょうか?

「美作国は、温泉とアートが魅力です。『美作三湯』に加え、あわくら温泉やのとろ温泉など、たくさんの温泉があり、さらに、奈義現代美術館や、古い銀行を改装したポートアートデザイン津山、ここにしかない『ウランガラス』を展示する妖精の森美術館などのアートポイントもたくさんあります。
また自然の豊かさを背景とした和牛の産地でもあり、奈義ビーフ、津山ホルモンうどん、鹿肉ときのこのコンフィ等々、美味しいお肉が豊富。またおかわり自由の卵かけご飯の店もあるくらい、卵かけご飯も一つの名物になっています。岡山県南とは一味違う魅力を味わえます」

もともと岡山県北部には知られざる魅力的なスポットや特産物があったものの、今後も、さらに充実していきそうだ。岡山県に訪れたなら、ぜひ北のほうに足をのばしてみてはいかがだろうか。

●イベント参考ページ
岡山県「美作三湯芸術温度」
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/625917.html

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。