人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デサント、シャープ、ウィンゲートが手のひらを12度に保つことでランナーの暑熱対策につながるグローブを開発

2019.10.07

デサントジャパンは、独自の蓄冷材を開発するシャープと、スポーツトレーニング分野で実績を持つウィンゲートと共同で、手のひらを冷やすことで暑熱対策につながるグローブを開発したと発表した。

環境温度の影響を受けにくい身体内部の温度である深部体温の上昇を抑制すると、身体の表面温度や汗の量が抑えられるなど、暑熱対策に効果があると言われていて、その深部体温を下げるには手のひら、足の裏、頬などを冷やすと効果的とされている。

手のひらを適切な温度で冷やすことで深部体温上昇を抑制するという実験結果も出ているとのことだが、冷やしすぎると血管が収縮し血液が体に巡らず、その効果が十分に発揮されないと言われているという。

今回開発したグローブは、シャープが開発した冷たすぎず快適な温度と言われる12度を保つ蓄冷材をグローブ内に装着することで手のひらを冷やし、深部体温上昇の抑制を期待できる暑熱対策のアイテム。

グローブ本体は、ランニングでの使用を想定しランナーの使いやすさを考え、メッシュ素材で蒸れにくく腕時計の操作や給水時の動作の妨げになりにくい形状となっている。

今後は、一般向けの商品販売という実用化に向けて、同社の研究開発拠点「DISC OSAKA(ディスク オオサカ)」において同社の契約選手やチーム協力のもとランニングシーンでのパフォーマンス持続など、運動時における効果について検証していくとのこと。

グローブ状なのでランニングなどのスポーツ時に便利なのはもちろん、日常生活での熱中症対策としても活用できそうだ。

関連情報
http://www.descente.co.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。