人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

秋の月と6万個の星を観賞できる!月をテーマにしたセガトイズの家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic Satellite MOON」

2019.10.06

セガトイズは、家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」から、月をテーマにした新モデル「HOMESTAR Classic Satellite MOON」を発売した。価格は11,000円(税別)。

「HOMESTAR」は、世界屈指のプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏とセガトイズが共同開発した世界初の光学式家庭用プラネタリウム。星空を凝縮した原板と光学式の投影方法を採用することより、鮮明な星の輪郭と、圧倒的な星数を映し出すことが可能だ。

今回登場の「HOMESTAR Classic Satellite MOON」は、「日本の星空と月(カラー)」と「月の裏側から見た星空(モノクロ)」の2枚の原版を付属。

「日本の星空と月」は、日周運動機能を用いて「満月とススキ」「三日月と雲」を6万個の星々と共に交互に堪能することが可能。「満月とススキ」では現実の世界では適わない“満月と満天の星の同時鑑賞”を実現し、誰しもが夢見たことのある、光輝く月と、きめ細かな6万個の星が共存する宇宙空間を、一枚の恒星原板から光学式投影で自宅の天井に創り出すことができる。

一方、「月の裏側から見た星空」では、人類が未だ見ぬ、月の裏側の景色を自宅の天井に投影することが可能。月の裏側の南半球の星空を再現し、濃い南天の天の川やマゼラン星雲などの壮大な眺めを鑑賞できる。周囲の地形も可能な限り忠実に再現しているので、月面探査機が見上げているであろう、肉眼では見ることのできない未知の世界を堪能することができる。

いつもとちょっと違う秋の夜長を楽しみたい人は、この「HOMESTAR Classic Satellite MOON」で中秋の名月と6万個の星や、月の裏側からみた星空を鑑賞してみては?

©SEGATOYS

関連情報
https://www.segatoys.co.jp/homestar/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。