人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働き方改革といっても…「風邪を引いても会社を休まない」人は6割超

2019.10.07

感染症治療の切り札といわれる抗菌薬。しかし、その切り札さえも効かない薬剤耐性(AMR)の問題が世界中で深刻化している。

薬剤耐性(AMR)の問題は、抗菌薬・抗生物質の不適切な使用が一因とされているため、一人ひとりが正しい知識を持つことも大切だ。

そこでこのほど、AMR臨床リファレンスセンターでは、抗菌薬・抗生物質の知識や理解を深めるべく、一般の688人を対象に「抗菌薬・抗生物質に関する意識調査」が実施された。

その結果、日本人の抗菌薬・抗生物質や薬剤耐性への知識が不十分であること、また、かぜの症状があっても 学校や職場を休めないなど、感染予防に関する意識や健康教育が社会に十分浸透していない実情が浮かびあがってきた。

Q1.抗菌薬・抗生物質という言葉を聞いたことがあるか?

「聞いたことがあり、詳しく知っている」と答えた人は35.5%であり、「聞いたことはあるが詳しくはわからない」と答えた人60.2%を合わせると、回答した人の約96%が抗菌薬・抗生物質という言葉を聞いたことがあった。

Q2.抗菌薬・抗生物質についてあなたがあてはまると思うものはどれか?

■Q2-1 抗菌薬・抗生物質はウイルスをやっつける

「抗菌薬・抗生物質はウイルスをやっつける」に対して、「あてはまらない」と正しく回答した人は23.1%、「あてはまる」と回答した間違った認識を持っている人は64.0%であった。

ヨーロッパで行われている世論調査の結果と比較すると、EU28ヵ国では「抗菌薬・抗生物質はウイルスをやっつける」に対して、「あてはまらない」と正しく回答した人は43.0%であり、日本よりも正しく回答する人の割合が高かった。また、日本は最も正解率の低いギリシア(正解率23%)と同程度の正解率であった。

■Q2-2 抗菌薬・抗生物質はかぜに効果がある

「抗菌薬・抗生物質はかぜに効果がある」に対して、「あてはまらない」と正しく回答した人は35.1%、「あてはまる」と回答した「抗菌薬・抗生物質はかぜに効果がある」と誤った認識を持っている人は45.6%であった。

ヨーロッパの世論調査では、EU28ヵ国では66%の人が「抗菌薬・抗生物質はウイルスをやっつける」に対して「あてはまらない」と正しく回答しており、日本よりも正しい知識を持つ人の割合が高い。さらに日本は、正解率の最も低いポルトガル(正解率37%)よりも正解率が低かった。

■Q2-3 抗菌薬・抗生物質を不必要に使っていると効果が薄れてしまう

「抗菌薬・抗生物質を不必要に使っていると効果が薄れてしまう」に対して、「あてはまる」と正しく回答した人は67.3%、「あてはまらない」と間違った認識を持っている人は11.6%であった。

■Q2-4 処方された抗菌薬・抗生物質はすべて飲み切る必要がある

「処方された抗菌薬・抗生物質はすべて飲み切る必要がある」に対して、「あてはまる」と正しく回答した人は63.4%、「あてはまらない」と間違った認識を持っている人は17.8%であった。

■Q2-5 抗菌薬・抗生物質を飲むと下痢などの副作用がしばしばおきる

「抗菌薬・抗生物質を飲むと下痢などの副作用がしばしおきる」に対して、「あてはまる」と正しく回答した人は54.1%、「あてはまらない」と間違った認識を持っている人は12.3%であった。また「わからない」と回答した人は33.6%いた。

Q3.過去1年間にかぜをひいて医療機関を受診したか?

回答者中40%の人が、過去1年間にかぜをひいて医療機関を受診していた。

Q4.直近でかぜで医療機関を受診したときにどんな薬が処方されたか?

実際に処方された薬は「咳止め」が1番多く、次いで「解熱剤」、3番目が「抗菌薬・抗生物質」(52.5%)となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。