人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホ決済未経験者の6割がポイント還元できるキャッシュレス決済サービスも「利用しない」

2019.10.06

消費増税のポイント還元施策、スマホ決済利用者の8割以上がキャッシュレス決済利用意向に対し、未利用者は 39.0%に留まる

さらに、消費増税にあわせたポイント還元策によってキャッシュレス決済を利用するかどうか尋ねる調査が行われたところ、併用利用者(n=500)の89.6%、QRコード決済利用者(n=250)の86.4%、非接触決済利用者(n=250)の 82.4%が利用すると回答しているのに対し、未利用者(n=500)は39.0%に留まった。

「利用したいが、やり方がわからない」という回答については、未利用者のみ15%を超える結果となった。

スマホ決済情報〇×クイズ、利用状況別にリテラシーの違いが明らかに

最後に、スマホ決済に関する情報を並べて、正しいと思うものに〇、間違っていると思うものに×を選んでもらう調査が行われた。

合っているものが多いのは、併用利用者(正答率 62.9%)、非接触決済利用者(正答率 60.1%)、QRコード決済利用者(正答率 57.7%)、未利用者(正答率 57.4%)の順となった。

「非接触決済・タッチ式決済はスマホの充電が切れると使えない」は答えは×だが、全体の7割を超える人が○をつけており、「圏外でも非接触決済・タッチ式決済は使える」は答えは○だが、半数以上が×をつけている。この2点のみ正答率が低く、多くの人が誤って認識していることが明らかになった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁が四捨五入して表記されているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「2019年 9月 スマートフォン決済の利用に関する意識調査」
・ 調査期間:2019年8月9日~8月18日
・ 有効回答:1,500人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:18歳から69歳の男女のうち、QRコード決済利用者、非接触決済利用者、QRコード決済・非接触決済の併用利用者、スマホ決済未利用者

出典元:MMDLabo株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。