人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一度は行ってみたい「皇室ゆかりの地」ランキング、3位三重県、2位東京都、1位は?

2019.10.05

新天皇陛下の御即位を公にする儀式「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日は、今年限りの祝日となる。

そもそも、この祝日の存在を知っている人はどれくらいいるのだろうか? また、この祝日にどのような過ごし方をする人が多いのだろうか・

そんな「即位礼正殿の儀」に関するアンケート調査がこのほど、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」により、20代~70代の男女752名を対象に行われたので、紹介していきたい。

「即位礼正殿の儀」、連日の報道で名前の認知は9割超え!

政府広報オンラインによると※1「即位礼正殿の儀」とは御即位を公に宣明され、その御即位を内外の代表がお祝いする儀式のこと。

この儀式について「知っている」と回答した人は過半数の63.2%、「名前は聞いたことがあるが、知らない」が30.0%となり、連日の報道のためか儀式の名称に対する認知は9割超えとなった。

※政府広報オンライン「天皇陛下の「即位の礼」に関するお知らせ」:
https://www.gov-online.go.jp/sp/gosokui/index.html

今年だけ10月22日が祝日となること、約4割が「知らない」!

即位礼正殿の儀の行われる10月22日は今年限りの祝日となっているが、約4割の人が祝日であることを「知らない」と回答。儀式の名称や内容は広く知られている一方で、国民にも影響があることはまだ知れ渡っていないようだ。

祝日前日の10月21日に休みを取る人はどれくらい?

「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日は火曜日で、前日の21日に休みを取ると最大4連休となるが、21日に「休む予定」だと回答したのは18.8%と約2割に留まった。

そもそも22日が祝日であることを知らない人が多いことや、9月14~16日、21~23日、直近の10月12~14日と前に3連休がたて続いているために、敢えて休む必要がない、あるいは祝日が続くことで仕事が立て込んでしまい休めないであろうと考えている人が多いことがうかがえた。

10月22日の予定、1位は「まだ決まっていない」、2位は「自宅でゆっくり休み、たくさん寝る」

10月22日が祝日だと「知っている」人を対象に「10月22日の過ごし方」を尋ねる調査が行われたところ、「自宅でゆっくり休み、たくさん寝る」に倍近くの差をつけて「まだ決まっていない」が1位となった。

今年のG.W.と夏休みの動向調査では※2「自宅でゆっくり休み、たくさん寝る」がそれぞれ28.8%、27.7%となっており、割合は減少している一方で、「まだ決まっていない」が大幅に伸長した。

今年限りの祝日ということで何かをしたいとは思っているが、何をするか考えあぐねている人が一定数いることがうかがえる。

また、G.W.、夏休みの調査ではランク圏外だった「仕事」が4位に入っていることから、慣れない祝日のため通常通り過ごそうとしている人もいるようだ。

7~8人に1人は10月22日に「皇室ゆかりの地」を訪れる予定!

10月22日に「国内旅行」を予定している人を対象に、「予定している旅行先に『皇室ゆかりの地』は含まれているか」と尋ねる調査が行われたところ、「含まれている」と回答したのは12.8%。7~8人に1人は「皇室ゆかりの地」を訪れる予定となっており、10月22日近辺は混雑が予想される。

「皇室ゆかりの地」を巡る旅行に興味はあるか?

「皇室ゆかりの地」について、 「実際に行った」(6.6%)、「行く予定がある」(1.6%)、「行っていないが、興味がある」(31.1%)を合わせると、約4割の人が「皇室ゆかりの地」を巡る旅行に興味があることが明らかに。

興味があるがまだ行く予定がない人が3割いることを考えると、これからもしばらく「皇室ゆかりの地」への旅行は人気を博しそうだ。

行った、行ってみたい「皇室ゆかりの地」TOP5

皇室ゆかりの地を巡る旅に「行った」「行く予定がある」「興味がある」と答えた人に対し、行った、行ってみたい皇室ゆかりの地を尋ねる調査が行われたところ、1位は「京都府」となった。

京都府には泉涌寺や二条城など数多くのゆかりの地が存在している。中でも行きたいという意見が一番多かった京都御所は古来の内裏の形態を今日に保存している由緒あるもので、かつては京都御所の紫宸殿にて即位の儀式が行われていた。

僅差で2位となった「東京都」は皇居の他、のちの大正天皇の東宮御所として建てられた国宝の洋館・迎賓館赤坂離宮も高い人気のようだ。

「東京都」と同率で2位となった「三重県」を選んだ人のほとんどが具体的な場所として伊勢神宮を挙げた。

伊勢神宮は皇祖神とされる天照大神を祭っており、今年の4月には上皇・上皇后が最後の地方訪問で参拝をしたことも話題となった。

伊勢神宮によると、G.W.期間中の参拝者数が昨年同期間の2倍以上となっており、今後もしばらくは参拝客で混雑が想定される。

皇室ゆかりの地は全国各地に存在しているため、思い付きで気軽に足を運んでみることもできるため、全国を回りながら歴史を学ぶことができるのも人気の理由だと推察される。

<調査概要>
調査タイトル :「即位礼正殿の儀」に関するアンケート調査
調査対象 :20代~70代の男女753名
調査期間 :2019年9月5日~9月8日
調査方法 :インターネット調査
調査主体 :株式会社エアトリ

出典元:株式会社エアトリ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。