人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あの頃これに乗りたかった!地面を蹴ってカッコよく乗り回したい人におすすめの二輪車「キックスケーター」

2019.10.05

ところでキックスケーターって、公道で乗れるの?

 キックスケーターは今でも現役の乗り物ですが、さて、使用を禁止していない、もしくは許可されている公園や私有地などで乗り回すには、何の問題もありませんですが、実際、通勤や通学用に公道を走るのは違法なのでしょうか、適法なのでしょうか。

 法律上は動力がなく足で蹴って走るキックスケーターは、道路運送車両法上では軽車両に分類されますが、道路交通法上では軽車両ではなく遊具なのではないか、という解釈もあり、正直公道を走って良いかは、ビミョーな扱いのようです。

 実際に公道でバリバリ乗りたいのであれば、メーカーに問い合わせたり警察に確認するのが、一番間違いないと思います。ちなみに、以前モペット(ペダル付きのオートバイ)のカスタマイズについて、地元警察に問い合わせたところ、怒られることもなくちゃんと教えてくれましたので、気軽に質問してみましょう。場合によっては、その地域、地方によって、ローカルルールがあるかもしれませんので。

 動力付きのキックスケーターは、道路交通法及び道路運送車両法では、原動機付自転車又は自動車扱いとなり、運転免許が必要となります。

 ちなみに、昨今では、公道走行可能なキックスケーターも販売されており…。

【参考】Airwhell Z5 Highway Model

 道路運送車両の保安基準に適合するフレーム、及びブレーキ、灯器などの設置などを行い、法律に適合することによりナンバープレートを取得しています。そのため、運転免許持参で自賠責保険に加入しヘルメットを被って乗るキックスケーターが登場するようになりました。ついに堂々とキックスケーターを、街なかで乗れるようになったのです。良かったですね!

 ところで、2019年3月より、埼玉県の浦和美園(以前、筆者はこの近くに住んでいました。蛇足情報でした)で、電動キックスケーターのシェア事業が行われているようです。

 浦和美園と言えば、皆さんご存じの「埼玉スタジアム2002」の最寄り駅です。

「ん?」と思われるかもしれませんが、実は「埼玉スタジアム」は、「埼玉スタジアム2002」が正式名称です。今後は、埼玉スタジアムのまわりだけではなく、日本各地の街なかを走り回る「電動キックスケーター」を、多く目にすることがあるかもしれません。例えば、観光用の足代わりに良いかもしれませんね!

 インバウンド(外国人が訪れてくる旅行。日本人が海外旅行に出かけることは、「アウトバウンド」。「ディズニーバウンド」はディズニーキャラクターを連想させる私服のコーディネートのこと)に最適でしょうこれは!

 あの頃これが欲しかった! 地面を蹴ってカッコよく乗り回せた二輪車キックスケーター。

 これを機会に、一度乗ってみようかな? ズッコけちゃうかもしれないけれど!

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipediaなど。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキトーでいい加減なエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
amazonランキング17万位!印税209円を達成した、ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中!→https://amzn.to/2XxEJQS

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。