人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年に数回しか使わない人はこっちのほうがお得かも!レンタルサービスでまかなえるキャンピングカーと車中泊カーのレンタルサービス

2019.10.07

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

9月20〜22日、幕張メッセで行われた「カートラジャパン2019」は“クルマで遊ぶ”をテーマとしたイベント。キャンピングカーや車中泊カー、クルマと旅をするためのギアに触れられるとあり、2万人超が会場を訪れた。

会場を訪れて印象的だったのは、キャンピングカーや車中泊カーのレンタルサービスが豊富なことだ。

ミニバンのレンタカー並みの料金でキャンピングカーをレンタル

会場では、キャンピングカーどっとジェーピー、ネクストライフほか10社がキャンピングカーのレンタルサービスをアピールしていた。

こうしたレンタルキャンピングカーの店はキャンピングカーの製造や販売店を兼ねており、レンタル車両が気に入ったら新車や中古車の購入を手伝ってくれる店が多く、レンタルキャンピングカーの料金は1泊2日でバンコン2万円〜、キャブコンで3万円〜がひとつの目安。車両の装備やサイズにもよるが、ミニバンのレンタル料金並みでキャンピングカーを試せるというわけだ。

断熱加工にこだわったキャンピングカーであれば、FFヒーターを併用して冬でも車内で快適に過ごせる。

年越しキャンプやスキー旅など「飛行機・電車+レンタカー」の予定なら、「レンタカー」を、宿泊も兼ねる「レンタルキャンピングカー」に置き換えてみるのも悪くない。

エルモンテRVでは、本拠地である千葉・船橋のほかに、北海道、そして東京・埼玉・千葉の一部タイムズカーレンタルでキャンピングカーを貸し出ししている。

国内だけでなく、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのレンタルキャンピングカーの手配も行っており、2年以内にエルモンテRVジャパンを利用した人はアメリカでのキャンピングカーレンタルで割引を受けられる。いずれアメリカでキャンプをしたいと考える人にうれしいサービスだ。

使わない車中泊カーを割安料金でシェア

全国の駐車場や空いた土地を車中泊・テント泊の場所として貸し出しているCarstayは、10月下旬より新たに車中泊向きのバンをシェアする“バンシェア”というサービスを開始する。

車中泊仕様のバンは、キャンピングカーよりも運転しやすい。シンプルな内装であればキャンピングカーよりも日常利用をしやすいのがウリだが、そうはいっても通勤用でもなければ乗用車ですら毎日使うことはそうそうない。

バンシェアとは、車中泊仕様のバンを、所有者が使わない日に、ほかの人に有効利用してもらおうというマッチングサービスだ。

登録しているバンは、「荷台や後部座席で大人が1名以上快適に眠れる」ことが条件。現在、バンシェア向きの保険、車両整備についてなど、サービス開始に向けて細部を詰めているところだという。

バンを借りるシステムは次の通り。

ドライバーは事前に免許証や顔写真を登録し、借りたいバンの予約を申請。登録場所でバンの所有者と待ち合わせて説明を受けてから出発となる。

当然だがバンの所有者が使いたい日は利用できないし、基本的に同じ車両はないため人気車両は予約しづらいと予想される。それが人気観光地のそばならなおさらだ。

すべてはタイミング次第となるが、オフィス向け、サーフィン向き、ペットOKなど特色あるバンが登録されており、キャンピングカーレンタルよりも料金は割安。早めにドライバー登録して、早めに旅行計画を立て、こまめにチェックするというマメさがオトクにバンを借りられる鍵となる。

先にスタートしたCarstayは、車中泊のできるスポットを予約できるサービスで、登録されているスポットは現在日本全国に約120か所。車中泊のマナー悪化が問題になっている今、安全にすごせ、理解してくれる車中泊スポットは貴重。バンシェアとともにこちらも注目しておきたい。

走り出す前に確認したい保険と装備

レンタルキャンピングカーでもバンシェアでも、保険の内容と車両の状態をきちんと把握しておくことが重要だ。

予約時に確認したいのは、保険のことと料金(休日加算など)、そして装備をすべて使えるか(まれにトイレ使用禁止や、においが強い料理は禁止されている場合がある)、冬ならFFヒーター+一酸化炭素警報器付きであること、走行距離無制限かどうか。ペットとの旅なら、ペット同乗可能かどうかも確認を忘れずに。

キャンピングカーに慣れている人でも初めての車両では、ヒーターや冷蔵庫の使い方・注意点、ベッドメイクの手順に悩むことがある。レンタル当日は、このあたりも確認しておきた。

いずれにせよ、わからないことは質問をして、不安を取り除いてから予約・出発することがトラブル予防の第一歩だ。

車両価格を抑えられる軽キャンピングカーであっても、クルマ1台分の駐車場代だけで年間20万円超。

レンタルキャンピングカーは連休や年末年始など利用が集中する時期は予約を取りづらいのが難点だが、年間10日程度のキャンピングカー利用であるならキャンピングカーを購入して維持するよりリーズナブル。リタイア後のキャンピングカー購入・気ままなキャンピングカー旅を目指して、試乗気分で借りればいい。

リタイアまで待てない、または年間20日以上利用するようならいち早くキャンピングカーを購入。シェア登録すれば維持費軽減に役立つ可能性もある。

自分のライフスタイルにあわせてキャンピングカーと付き合える時代になりつつあるのだ。

取材・文/大森弘恵

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。