人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4シリーズの後継と目される「コンセプト4」ほか、フランクフルトモーターショーで話題を集めたBMWの注目モデル3選

2019.10.04

 2011年からフランクフルトモーターショーで、メルセデス・ベンツのように建屋を一棟丸ごとグループで独占し、ミニ、ロールスロイスを含めた全ブランドを展示するようになったBMW。大きな展示スペースを活かし、クルマを並べるだけでなく、なんと建物内にコースを作って走らせるといった大胆な演出まで行われていた。ところが今回は使う建物こそ変わらないものの、展示スペースは3分の2ほどまで減少。BMWグループ以外の他メーカーも同じ屋根の下に収まり、もちろんクルマを走らせるコースはもはや過去のものになっていたのだ。

 BMWも2台の電気自動車のコンセプトカーを目立つ位置に展示していたものの、どちらも別のイベントですでに発表済みのものだったし、ほかにプラグインハイブリッドのニューモデルなども持ち込んでいたがこちらも主役級ではなかった。というわけで、BMWの今年の主役は電動化モデルではなく、コンセプト4と呼ばれる2ドアクーペのデザインスタディだった。

次期4シリーズの雛型と目される「コンセプト4」

 名前から類推できるとおり、次期4シリーズの雛型と目されるモデルなのだが、なんといっても特徴的なのはフロントグリル。BMWお得意のキドニーが驚くほど大きい。最新型の7シリーズのキドニーグリルもかなり拡大されてちょっとびっくりしたが、衝撃度合いではそれを軽く上回る。似合っているかどうかは好みがあると思うが、見たものにインパクトを与えると言った意味では大成功と言えるだろう。

 そのほかの部位は、現行のBMWよりもボディに入れられているラインが少なく、スッキリとした印象。リアサイドウインドーの後端下部の角度を8シリーズやX6のような鈍角から鋭角に変えるなど新しい意匠も盛り込まれている。ボディサイズやメカニズム、発売時期など詳しいことは発表されていないが、果たしてこのグリルのまま市販化されるのか? 興味は尽きない。

 電動化モデルでは画期的なニューモデルは輩出されなかったが、その代りというわけではないのだろうが、市販車の新型車が多数お披露目された。

ミドルサイズSUVクーペ「X6」

 ここフランクフルトが世界初公開となったのはBMW X6。新型で3代目となるミドルサイズSUVクーペである。BMW X5をベースになだらかに下がるルーフラインを持つクーペ風のボディに仕立てるといったコンセプトは先代と変わらず。フロントおよびリアまわりのデザインはX5と同じような最新のBMWルックで、キドニーグリルもひと回り大きくなっているものの、全体的な印象は先代のX6と大きく変わらない。

 全長4935mm、全幅2004mm、全高1696mmというボディサイズは先代と比べると全長が26mm長く、全幅が15mm広く、全高は6mm低い。ホイールベースも42mm延長されて2975mmと、全高以外はすべて若干大きくなっている。プラットフォームをはじめ、中身も正常進化。トップグレードのM50には530ps/750Nmの4.4ℓV8ツインターボを搭載したM50iのほかに、400ps/760Nmを発生する3.0ℓ直6に4つのターボチャージャーを組み合わせたディーゼルモデルのM50dも用意される。

 さらにこのあと、より高出力なエンジンを搭載したMモデルも登場するはずだ。また運転支援装置といった安全装備も最新のものにアップデートされている。ドイツでは11月から発売されるので、日本にもほどなく上陸することになるだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。