人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10月の米中閣僚級協議がカギを握るアジアの株式市場

2019.10.03

投資運用、金融商品取引を行う三井住友フィナンシャルグループの企業・三井住友DSアセットマネジメントでは、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートが日々発行されている。このほど、同社より「米中交渉」と「アジア株式市場」の関係性についてまとめたレポートが発行されたので、本稿にて紹介していきたい。

【ポイント1】米中交渉の前進期待から戻り基調

■予想PERは12.9倍まで回復

8月中旬にかけて大きく調整したアジア株式市場は、8月末以降、米中懸念が後退したことや中国による消費刺激策の発表などを受け、戻り基調に転じた。

9月5日には、中国商務部が米中両国の閣僚級協議を10月上旬にワシントンで開催することを発表するなど、米中交渉が進展するとの期待が株価を支える要因となった。

12カ月先予想株価収益率(PER)も一時12倍ギリギリまで低下していたが、9月10日現在では12.9倍まで回復した。

【ポイント2】「情報技術」「電気通信」が堅調

■「一般消費財」も引き続きしっかり

セクター別に見ると、8月中旬からの戻り率は「情報技術」、「電気通信」が相対的に高くなっている。

「情報技術」が堅調となった背景として、アジアの半導体の売り上げが大底を形成するとの期待があると思われる。

また、小売りや自動車などが含まれる「一般消費財」が引き続き下げ止まりから、緩やかな上昇を続けていることは明るい兆しだ。

【今後の展開】10月の米中閣僚級協議は分岐点となるか

今後のアジア株式市場は、2つの点が注目される。

第1は、アジア株価指数の時価総額の17%を占める「情報技術」の業績と株価で、その方向性に大きな影響を与える半導体の売り上げだ。

2018年9月にピークを付けたアジア(含む中国)の半導体売り上げは、19年3月の201億ドルを底に7月には211億ドルと回復傾向を示している。

中国では次世代通信規格5Gの通信整備が進んでおり、2020年にかけて需要の拡大が期待される。

第2は、10月に開催が予定される米中閣僚級協議。

一部メディアは、中国が農産物の購入で10月に米国と合意する可能性を報じており、米中交渉がさらに前進する可能性がある。

トランプ大統領は、過去に閣僚級協議の合意を何度も覆しているだけに、楽観はできない。

ただ、来年11月に大統領選挙を控えたトランプ大統領が、中国側からの譲歩を引き出せれば、妥協する余地も生まれる可能性がある。

米中交渉の分岐点になるか、注目が集まりそうだ。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。