人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マナーコンサルタントがアドバイス!業種別のおすすめスーツと小物の合わせ方

2019.10.03

現在、ビジネスパーソンの身だしなみは、実に多様化している。スーツではなく、ビジネスカジュアルや、ラフな私服での出勤もOKとされる職場もある。また、在宅勤務者などリモートワークが推進されていることもあり、そうした場ではますます服装は問わない傾向がある。

このような中、もしかしたら、いざ、スーツ着用の必要がある際に、基本を忘れてしまうこともあるかもしれない。そこで今回は、国内外の企業で収益を上げる身だしなみやマナーなどのコンサルティングを行っているマナーコンサルタントの西出ひろ子さんに、意外と盲点なスーツやシャツ、小物類の選び方マナーを教えてもらった。基本を今一度確認しておこう。

身だしなみの3大原則とポイント

まずは、ビジネスの場における身だしなみの3大原則とそのポイントを見ていこう。

「身だしなみのマナーは、業界や職種によって求められる内容も異なるため、一概には言い切れないのが実状です。だからといって、何でもありかというと、そうではありません。どのような業種・職種であっても、ビジネスの場で求められる身だしなみの3原則があります。それは『清潔感』『機能性』『品性』の3つです」

「また、身だしなみのポイントは、『相手が見てどう思うか?』を基準に考えること。『おしゃれは自分ファースト、身だしなみは相手ファースト』であることを意識して、おしゃれのためではなく、相手が見てどう思うか、信頼が置けるかどうかを重要視しましょう。身だしなみは、絶対こうでなければならないというものではなく、業種や職種、場所や相手によって変えてもいいのです。つまり、常に『相手ファースト』を軸にして考えることが何より大切です」

業種別!身だしなみマナー

基本を押さえたところで、業種別の身だしなみマナーを確認していこう。

ここでは、一般的な企業の身だしなみ「オールマイティスタイル」、特に信頼が求められる金融系などの業種の身だしなみ「かっちりスタイル」、比較的自由度の高い業種の身だしなみ「ゆる系スタイル」の3つに分けて解説してもらった。

「近年のビジネスシーンにおける身だしなみは、以前と比較すると社会全体がゆるくなっていることに馴染んでいる傾向にあります。しかしながら、やはり、年代によっては、厳しい考え方を持たれている方もいらっしゃるというのも事実。ここでは、『ちょっと時代遅れじゃない?』と思われるスタイルもお伝えしますが、ひとつの参考として、ご自身の立場や環境、状況に応じてお役立ていただけたら幸いです」

●一般的な企業の身だしなみ~オールマイティスタイル

1.スーツ(ジャケット・パンツ・スカート)

「スーツは身だしなみアイテムの中でも印象に大きく影響します。社会人として最低限押さえるべきマナーのポイントは色とサイズ感です。派手なスーツはもちろんNG。男女ともに、無地で、濃紺や黒などのダークカラーのものを。また、スーツは身体のサイズに合っていないと一気にだらしない印象になるので、サイズが重要。購入の際には、『肩幅』『ジャケットの丈と袖丈』『パンツの丈』などが合っているかを店員さんのアドバイスを受けながら、自分でも検討して、自分サイズのものを選びましょう。

男性のスーツの色は無地で濃紺がベスト。チャコールグレーより、濃紺のほうがフレッシュな印象になります。女性はなるべくデザインがシンプルで、黒や紺、チャコールグレーがおすすめです。スカートは座ったときにひざが隠れるくらいの長さ、パンツはブーツカットかストレートタイプのデザインで、足首が隠れるくらいの丈にしましょう」

2.ワイシャツ・ブラウス

「ワイシャツやブラウスの最低限のマナーとして重要なのは色とサイズ感です。男性のワイシャツは『清潔感のある白色』ならどんな場面でも問題ありません。エリにボタンのない、すっきりとしたレギュラーカラーがおすすめ。同様にネクタイも落ち着いた色のものが正解です。長さは身長から−15cmが目安です。

女性のブラウスやカットソーは、体のラインが強調されないようにサイズ感に注意してゆったりしたものを選びましょう。女性のカットソーも基本無地で、柄物は避けるほうがいいです。

着る際には首回りや手首に汚れがないか着る前にチェック。汚れがあるなら洗濯前にこすり洗いをして落としておきましょう」

3.ベルト・靴・かばん等

「マナーとして押さえるべきは、色とデザイン。すべての小物を黒で統一するとマナーとしても組み合わせとしても問題ないので簡単です。男性のベルトは革製で黒色、太さは3cmくらいが目安です。靴下は足を組んだときに素肌が見えない長さで黒色の無地を。かばんは自立できるスクエア型でA4サイズの資料が入る大きさをおすすめします。

女性は、ストッキング必須。靴は革製で黒色、足のサイズに合ったものを。かばんはファスナー付きで肩かけデザインが基本です」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。