人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ぐっすり眠れる!姿勢がラクになる!寝付きがよくなる!快眠グッズ専門店のおすすめ最新グッズ6選

2019.10.03

秋といえば夜長。寝つきやすい上に、睡眠を見直すいい時期でもある。そこで今回は、睡眠の最新グッズを、快眠グッズ総合店「sono bom(ソーノボン)」から6つ紹介する。

1.Dreamlight HEAT ドリームライトヒート

アイマスクは時に寝つきやすくしてくれるが、これはただのアイマスクではない。ドリームライトヒートは、優しく顔全体を包み込み、体温に近い40℃の温かさを保つ遠赤外線ヒート機能によるリラックス効果と100%光を遮断されることによって就寝をサポートする。

アイマスクの下では、目元などの敏感な部分には直接触れず、目を開けたままでも利用できる。普通のアイマスクでは物足りないという人は試すべき。

2.スマートリング THIM

今話題のウェアラブルデバイス。このスマートリング THIMは、睡眠クリニックで行われる快眠プログラムを自宅で簡単に行える「睡眠トレーニング」ができるアイテムだ。

睡眠学者の実験結果によると、「睡眠トレーニング」で重要なのが眠り始めの時間に「眠りに落ちる感覚を繰り返し体感する」ことだという。睡眠研究の結果、「眠りに落ちる→3分後に起こされる」の過程を何度も繰り返し実施することが、不眠症の解消や睡眠の質を上げることに効果的であることが判明したという。つまり、「眠りに落ちる感覚」を学習することができ、その結果、自然に睡眠に入ることを覚え、より質の高く長い睡眠をとりやすい体に近づくというものだ。

本デバイスには、3つのプログラムが盛り込まれており、先述の眠る感覚を覚える「睡眠トレーニング」モードのほか、最適な仮眠をとる「リフレッシュ(パワーナップ)」モード、起きやすいタイミング目覚める「スリープトラッカー」モードがある。

その他、無料の専用アプリではすべてのモードの実施結果、および睡眠効率、入眠時間、睡眠ステージといった睡眠状態を見ることができるため、睡眠と健康状態のチェックが可能だ。

3.Good Vibes グッドバイブス 睡眠ガイド スリープライト

なかなか寝付けないという人向けに開発された、スムーズな入眠を促す快眠グッズ。ライトの色に合わせて呼吸することで副交感神経を活性化させ、リラックス状態に導く。

グッドバイブスの光は、ヨガの呼吸法「プラナヤマ」の原則からインスピレーションを受けて、ハーバード大学研究者、米国健康医学研究の第一人者アンドリューワイル博士が生み出した「4-7-8呼吸法」を採用。就寝前にライトの光に合わせて呼吸することで、活性化された脳内を鎮静化する。

ちなみにブルーライトを100%カットしているため、睡眠を促すホルモン「メラトニン」の分泌を抑制することはないという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。