人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

続々発表!10月25日開幕の「東京モーターショー」で公開される注目のクルマ

2019.10.01

10月24日から11月4日(一般公開は10月25日から)まで、東京ビッグサイト、お台場周辺エリアで開催される「第46回東京モーターショー2019」。各自動車メーカーの興味深い出展内容が続々明らかになってきた。そんな気になる出展内容を紹介しよう。

スズキ

スズキは、四輪車や二輪車、電動車いす、船外機で真の価値ある製品づくりに取り組んできた。

今回の東京モーターショーでは、スズキが提案する小さなクルマだからこそできるワクワクのある毎日をお客様に提供するため、『WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。』を出展テーマとし、2020年に創立100周年を迎えるスズキが、さらに次の100年に向けて「大きな未来」を切り拓く、製品開発や技術開発の取り組みを提案する。

今回のスズキブースでは、パーソナルコンパクトPHEV「WAKUスポ」、モバイルルーム自動運転車「HANARE」をはじめ、軽クロスオーバーワゴン「ハスラー コンセプト」、新開発の油冷エンジンを搭載したロードスポーツバイク「ジクサー SF 250」など、総合モビリティメーカーとしての技術を結集した展示を展開。また、軽トラック「スーパーキャリイ」の荷台を使用して、軽トラ市を模したスズキの用品販売コーナーを設ける。

主な展示車

四輪車

<参考出品車>
いつでも、誰でも、どこへでも。楽しさ、ワクワクをシェアリング
パーソナルコンパクトPHEV「WAKUスポ(ワクスポ)」

世代を超えて、日常使いでも趣味使いでも、一台で楽しさ、ワクワクを家族内でシェアリングできるパーソナルコンパクトPHEV。Aセグメントのコンパクトボディーに、車体形状、フロントマスク、インテリア表示コンテンツを切り替えるワクワクスイッチを搭載。一人ひとりの楽しさ、ワクワクに応えてクルマが変化し、みんなで共有できる未来の「小さなクルマ」を提案する。

<参考出品車>
誰もが自由に移動時間と、ほどよい空間を有効活用できる
モバイルルーム自動運転車「HANARE(ハナレ)」

AI、ロボットによる超効率化社会の中でも、「人のつながり」や「人のこだわり」など、人間らしい欲求を大切にし、クルマを所有する新たな喜びを提案する自動運転車。家の「離れ」のようなほどよい大きさの室内空間が移動することで、運転以外の楽しさ、ワクワクを提案。ライフスタイルが更に多様化する未来において、様々な使い方や利用シーンに対応し、一人ひとりのワクワクにスイッチ。

<参考出品車>
もっと遊べる、もっとワクワクできる軽クロスオーバーワゴン
「HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)」

機能を追求したスタイルと、新境地を開拓してきた個性的なキャラクターを融合させた、もっと遊べる「ハスラー」のコンセプトモデル。「このクルマがあればもっと遊べる」「このクルマと一緒なら毎日がもっと楽しくなる」日常から遊びのシーンまで毎日がもっとワクワクするクルマを提案する。

<参考出品車>
日常でアウトドアスタイルを楽しむアーバンアウトドアスタイル
「HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)」

遊べる軽”、“カラフルポップ”、“楽しさ、ワクワク”といったハスラーらしさと、新たな要素として取り込んだ“タフさ”、“力強さ”を際立たせたコンセプトモデル。気分の盛り上がるカラーリング、デカールやルーフラッピングなどのファッショナブルなアクセント、遊び心を表現するルーフラックで、都会からアウトドアまでどこでも楽しめるファッショナブルなアーバンアウトドアスタイルを提案する。

<参考出品車>
子育て支援や災害時にも活用できる軽商用車
「エブリイどこでもベビールーム with コンビ」

軽商用車「エブリイ」をベースに、ベビー用品を扱うコンビ(株)とコラボレーションしたコンセプトモデル。社会に役立つ軽商用車として、屋外イベント会場や災害時の避難所等で、安心しておむつ替えや授乳ができる車両を提案する。

<その他の市販車>
登録車:クロスビー、ソリオ バンディット、エスクード、ジムニーシエラ、スイフトスポーツ、SX4 S-CROSS

軽自動車:スペーシア ギア、スペーシア カスタム、ジムニー、アルト、ワゴンR、スーパーキャリイ

四輪車出品予定台数 合計19台

二輪車

<参考出品車>
新開発の油冷エンジンを搭載したフルカウルスポーツバイク
「ジクサー SF 250」

スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイク。第44回東京モーターショー2015に参考出品したコンセプトモデル「Feel Free Go!(フィール フリー ゴー!)」に採用した新開発の油冷エンジンを搭載。

<参考出品車>
新開発の油冷エンジンを搭載したネイキッドスポーツバイク
「ジクサー 250」

グラマラスな造形を取り入れたデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイク。第44回東京モーターショー2015に参考出品したコンセプトモデル「Feel Free Go!(フィール フリー ゴー!)」に採用した新開発の油冷エンジンを搭載。

<参考出品車>
MotoGP参戦車両「GSX-RR」

現在MotoGPクラスに参戦中の「GSX-RR」。二輪車レースの最高峰「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」での高いパフォーマンスに裏打ちされた最新技術は、「GSX-R1000」をはじめとした市販車両へ技術フィードバック。

<その他の市販車>
KATANA、GSX-R1000R ABS、SV650X ABS、V‐Strom 250 ABS

二輪車出品予定台数 合計8台

その他展示
<船外機>
DF350A(カットモデル)、DF325A、DF300B 合計3台

<電動車いす>
ET4D 1台

https://www.suzuki.co.jp/

ルノー

ルノー・ジャポンは、「Passion for life(パッション フォー ライフ)」をスローガンに、 ユーザーが趣味や好きなことを楽しむことを車を通じてサポートし、フランス文化や フランスのトレンドを取り入れたライフスタイルを提案。今回のルノーブースで は、このスローガンに沿った最新の 3 モデルを紹介する。

【ルノー出展概要】

展示車両
・ ルノー トゥインゴ EDC
・ 新型ルノー ルーテシア(参考出展)
・ 新型車(追加グレードモデル/10 月 9 日(水)発表予定)

https://www.renault.jp/

アルピーヌ

今年のル・マン 24 時間レース会場で発表されたアルピーヌ A110S を参考出展 。アルピーヌ A110 は、徹底した軽量化が図られたコンパクトなボディ、ミッドシップ・エンジンレイ アウト、正確なハンドリングで、かつて多くの人々を魅了した先代アルピーヌ A110 の精神「ドライ ビング プレジャー/運転する歓び」を現代に復活させたフレンチスポーツカー。今回参考出展するアルピーヌ A110S は、このアルピーヌ A110 のパワーを高め、それに伴い シャシーに専用のセットアップを施したモデルとなる。

【アルピーヌ出展概要】

展示車両
・ アルピーヌ A110S(参考出展)

https://www.alpinecars.com/ja/

マツダ

マツダ初の量産EVを世界初公開すると発表した。出展内容は以下を予定している。

・参考出品車:新型EV [世界初公開]

・その他出品車:MAZDA ROADSTER、MAZDA3 FASTBACK、MAZDA3 SEDAN、MAZDA CX-30、MAZDA CX-5、MAZDA CX-8

一般公開日は10月25日から11月4日。

https://www.mazda.co.jp/experience/tokyomotorshow2019/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。