人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

物件情報に記載されている「築浅」って完成から何年くらいの物件を指すのか?

2019.10.01

住まいを選ぶ際、なるべく新しい物件に住みたいという人がほとんどだろう。そんなニーズを意識して、物件のチラシやサイトでは、建物が建築されて間もない物件に「築浅」という言葉が付記されているわけだが、そもそも、「築浅」とは完成から何年くらいの物件を指すのだろうか?

そこで今回、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国164人を対象にした「築浅は築何年までか」についての調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

65.8%が自宅を購入・賃貸する際、築浅にこだわる

はじめに「自宅を購入・賃貸する際、築浅にこだわるか」と尋ねる調査が行われたところ、「ややこだわる」(45.7%)が最も多く、次いで「あまりこだわらない」(26.2%)、「とてもこだわる」(20.1%)、「まったくこだわらない」(7.9%)となり、「こだわる」人が65.8%もいることが明らかになった。

築浅は『築5年未満』の認識が最多!築浅にこだわる人とこだわらない人とで認識別れる

“築浅”は、年月の経っていない物件に対して使われる言葉だが、不動産業界では何年未満の物件のことを指すのか、定義は特にない。

そこで、「築何年までを築浅と認識しているのか」をこだわる人、こだわらない人それぞれに尋ねる調査が行われた。最も多かったのは「5年未満」(全体:42.1%、こだわる:42.6%、こだわらない:41.1%)で、こだわる人とこだわらない人の認識がほぼ一致していた。次に多かった「10年未満」(全体:22.6%)は、こだわる人26.9%に対し、こだわらない人14.3%と少なく、「3年未満」(全体:13.4%)では、こだわらない人21.4%に対し、こだわる人9.3%と少ない結果に。また、「1年未満」(全体:6.1%、こだわる:8.3%、こだわらない:1.8%)や「15年以上」(全体:7.9%、こだわる:5.6%、こだわらない:12.5%)という回答もあった。

築浅よりも『立地』や『安さ』が優先!『リノベーションする』から築浅でなくてもいい

今度は、築浅に「あまりこだわらない」または「まったくこだわらない」と回答した人に「こだわらない理由」を尋ねる調査が行われた。

「立地優先」(50.0%)が最も多く、次いで「安い」(46.4%)、「リノベーションする」(42.9%)、「物件数が多い」(25.0%)、「デザイン性重視」(16.1%)、「ヴィンテージが好き」(5.4%)、「その他」(1.8%)となった。また、その他は、多少の年月が経過していても、安定して居住されてきた実績を重視との回答があった。

※リビンマッチ調べ

<調査概要>
■調査期間:2019年9月9日~9月16日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国164人

出典元:リビン・テクノロジーズ株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。