人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

体の健康を維持することによって脳の健康も向上する可能性、ドイツ・ミュンスター大学研究

2019.09.30

体の健康を維持すると脳の健康も向上か

壮健な体を維持することは、脳構造の維持、記憶力の増進、的確かつ迅速に思考する能力の向上にも役立つ可能性があることが、ミュンスター大学(ドイツ)精神医学部門のJonathan Repple氏らによる新たな研究で示された。

この研究は、欧州神経精神薬理学会議(ECNP2019、9月7~10日、デンマーク、コペンハーゲン)で発表され、「Scientific Reports」9月9日オンライン版に同時掲載された。

この研究は、1,200人以上の健康な若年成人(平均年齢28.8歳、45.5%が男性)を対象に体の健康と脳(白質)および認知機能の関係ついて調べたもので、Human Connectome Projectの一部として実施された。

対象者は、2分間の歩行試験(筋力は評価していない)、記憶力や判断力などを測る認知機能検査、脳スキャン検査を受け、Repple氏らはそれらの検査結果の解析を行った。

その結果、2分間歩行試験で歩いた距離が長かった人は、歩行距離が短かった人に比べ、認知機能検査の成績が良好であり、男女ともに脳の白質の神経線維が健康であることが分かった。白質は神経細胞間の情報伝達の連絡路として重要な脳の領域である。

Repple氏は、こうした体と脳の関連を説明するいくつかの仮説を示している。

まずは、「運動により炎症が減少し、それが脳細胞にも便益をもたらす」というもの。また、健康であるということが、神経線維の絶縁性を高め、神経細胞や神経接続の成長を促すことも考えられるという。

さらに、体が健康な人は単純に「脳への血液供給が良好」であるのかもしれないとも付け加えている。

米メイヨー・クリニック神経学教授のDavid Knopman氏はこの考えを支持し、「体が健康な人ほど傾向として血管の健康状態も全体的に良好であるが、今回の研究結果はこの傾向を示しているのだと思う」と述べている。

しかし同氏は、「体の状態が良い人は、健康に関する意識がより高く、健康に良い行動をとっている」ことを指摘し、体の健康を意識したそのようなさまざまな行動が一体となって、最終的には脳の健康の維持につながっている可能性にも触れている。

では、全く運動をしない人は、少しでも体を鍛えて健康を増進すれば脳に有益な効果が得られるのだろうか。

今回の研究の対象者20~59歳で、年齢、性別、高血圧、糖尿病、BMIを考慮しても、結果は同じであったという。

しかし、Repple氏によると、今回の研究で観察したのは現在の状況だけであり、今から体を鍛えることで、脳の健康(認知機能)が増進するかどうかについて、確かなことは言えないという。

それでも、体と脳の関連は、一方が改善すれば、それに応じて他方も改善するものであることを同氏は強調する。また、「年齢に関係なく、運動が常に有益であることは多くの研究でも示されている」とも述べている。

一方、Knopman氏は、「この研究が意味するのは、血管の健康に良い行動を始める時期が早いほど、後々大きなベネフィットが得られるということだ」と総括している。(HealthDay News 2019年9月11日)

Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://www.nature.com/articles/s41598-019-49301-y

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。