人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収1000万円プレイヤーは消費増税前にどんな駆け込み消費をしたのか?

2019.09.30

ビジネスパーソンとして一定の成功を収めた指標にもなる「年収1000万円」。

平成30年9月に国税庁が公表した「平成29年分 民間給与実態統計調査」によると、給与所得者全体の平均年収は432.2万円((男性531.5万円、女性287.0万円)となっており、ハイクラス人材を象徴する年収1,000万円以上の人はわずか6%程度という結果が出ている。

そんな希少な「1,000万円プレイヤー」が消費税10%増税に際して、いったいどんな駆け込み消費を行うのかを調べたアンケート調査がこのほど、総合人材サービス・パーソルグループのパーソルキャリア株式会社によって行われた。

年収に関係なく駆け込み消費を予定している人は少数派!

消費増税を直前に控える中、1,000万円プレイヤーと平均年収層を対象に、駆け込み消費の予定について調査が行われたところ、「予定がある」と回答した平均年収層は21.1%だったが、1,000万円プレイヤーはそれより少なく18.7%となった。年収に関係なく、駆け込み消費を予定している人は少数という結果に。

増税前に買う予定のものは1,000万円プレイヤー、平均年収層ともに「家電」が1位!

さらに、増税前に買う予定のものについて調査が行われたところ、1,000万円プレイヤー、平均年収層ともに(「家電」が1位となった。

一方で2位以下の結果には違いがあり、1,000万円プレイヤーは「車」と「生活用品」(29.3%)が同率の2位であったのに対し、平均年収層では2位が(「生活用品」((40.5%)、3位が(「衣類」((36.9%)という結果になった。

高額な「車」が1,000万円プレイヤーの上位にランクインしたことに加え、「生活用品」の割合が1,000万円プレイヤーのほうが低いことが大きな特徴と言えそうだ。

<調査概要>
・調査期間:2019年8月
・対象 :一都三県(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県)に住む
会社勤めのビジネスパーソン男女(役員経営者、フリーランスは除く)計800名
① 30代~50代で年収1,000万円台(1,000万円~1,100万円未満)400名
② 20代~40代で年収400万円台(400万円~500万円未満)400名
・集計方法:分析においてはウエイトバック集計を行い、総務省「就業構造基本調査」2017年全国を性年代別、
雇用形態別割合にあわせて補正したうえで分析することで、妥当性を担保しています。
・調査方法:インターネットによるアンケート回答方式

出典元:パーソルキャリア株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。