人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

急増するタクシー座席前の動画広告、3人に1人が接触

2019.09.29

タクシーでの移動中、目の前に設置されたタブレット端末から流れる動画広告につい目がいってしまった経験、あなたにもあるのではないだろうか。

そんな最近増えているタクシーの動画広告をはじめとした「動画&動画広告」に関するアンケート調査がこのほど、17歳~69歳の男女1,100名を対象に行われたので、その結果を紹介していきたい。

10代、20代の約4割が、「自分の部屋で、ビデオ通話」

普段、スマートフォンで動画コンテンツを視聴している人に対して、相手の顔を見ながら話せる「ビデオ通話」を利用する場所について尋ねる調査が行われたところ、最も多くの人が挙げたのは「自室」(33.2%)、次いで「自宅の共有部分(リビングなど)」(25.7%)、「外出時」(21.6%)となった。

年代別に「自室」で「ビデオ通話」している人の割合を見てみると、10代(44.0%)、20代(39.1%)、30代(33.3%)、40代(28.1%)、50代(28.8%)、60代(13.3%)で、10代と20代では、約4割が利用していた。

※ビデオ通話を「頻繁に利用する」「ときどき利用する」と回答した人の合計。

10代、20代の約4割は、夏の甲子園をスマートフォンで視聴

今夏の甲子園について、「ほぼ全試合を視聴した」人は4.5%、「すべてではないが、試合を視聴した」人は33.8%だった。

甲子園の視聴に利用した機器として、最も多くの人が挙げたのは「テレビ」(88.6%)、次いで「スマートフォン」(22.7%)、「パソコン・ノートパソコン」(22.0%)という結果に。

「スマートフォン」と答えた人を年代別に見てみると、20代が最も高く(41.6%)、次いで10代(38.1%)で、10代、20代ともに約4割がスマートフォンで視聴していた※。

※複数回答あり。

タクシー動画広告への接触率が、この2年で9.2ポイント増加

タクシー内で流れる動画広告を「見たことがあり、内容に興味を持ったことがある」人は8.5%、「見たことはあるが、内容に興味を持ったことはない」人は22.7%で、接触率は31.2%だった。

初回調査時の2017年7月度調査(22.0%)と比べると、この2年で接触率は9.2ポイント上がっていた。

半数近くに、「ライブ動画」の視聴経験

動画視聴経験者のうち、あらかじめ録画された動画ではなく、リアルタイムに配信されるライブ動画を「視聴したことがある」人の割合は49.1%で、2017年8月度調査(43.0%)と比較すると、6.1ポイント増加した。

ライブ動画の視聴に利用するサービスとして、最も多くの人が挙げたのは「YouTube」(71.3%)、次いで「ニコニコ生放送」(33.9%)、「Instagram」(28.3%)だった※。

※複数回答あり。

<調査概要>
調査期間:2019年8月25日(日)~2019年8月29日(木)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

出典元:株式会社ジャストシステム

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。