人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食欲の秋だからこそ要注意!流通している鶏肉の約半数に潜む危険な「薬剤耐性菌」

2019.09.28

衛生上の対策は広く知られている

今回の調査では、家庭内での衛生対策は、十分ではないものの、広く知られていることが明らかになった。

ただし、上記の項目の 「酒をもみ込む」は間違った情報で、飲酒用のアルコール濃度では不十分だ。食中毒の菌は高熱に弱く、カンピロバクターは75℃以上で1分以上加熱することで死滅することがわかっている。

鶏肉を調理する際は、芯までしっかり火を通し、白くなっていることを確認しよう。

肉類を扱う場合には、人の手やまな板などの調理器具を介して別の食材に菌が付着することがないようにすることが大切。加熱前の食肉は、生で食べる野菜などと接触しないようにしよう。

約9割が新鮮な鶏肉でも食中毒の原因になることを自覚

病原性大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクタ―など食中毒を起こす菌が食肉に付着していても、臭いや見た目の変化はない。

約9割が新鮮な鶏肉であっても食中毒を起こす可能性を自覚していることから、多くの人が正しい知識をもっていることと推測される。

調理方法に気をつければ、食中毒を過度に恐れることはない。しかし、鶏肉を生で食する「鶏刺し」、中まで火が通っていない焼き鳥などは危険だと具先生は指摘する。

カンピロバクターは、他の菌とくらべて少ない量でも発症する。鶏肉の生食は控えることが、食中毒、薬剤耐性菌の感染防止につながる。

薬剤耐性菌が鶏肉についていることを知っているのはわずか33.8%

新鮮な鶏肉にも食中毒の菌がついている可能性があることをほとんどが知っているのにも関わらず、薬剤耐性菌がついている可能性を知っているのは、わずか3分の1だった。

3分の2は知らないということは、憂慮すべきことであると具先生は指摘する。食中毒を予防することが、薬剤耐性菌の感染や拡大の予防につながるため、対策を徹底することを促している。

菌によっては食べた人の腸に留まり薬剤耐性菌が増える危険性や、そこから感染拡大につながることもある。また膀胱炎など細菌による病気を発症した場合も、薬剤耐性菌によって抗菌薬が効かず治療が難航することもある。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。