人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

海外で自分の誕生日をきっかけに始める募金活動がトレンドに!Facebookで今すぐ始められるキャンペーンの作り方

2019.09.28

Facebookをやっている人は、誕生日が近づいたときにFacebookから「募金キャンペーンを開始してください」というメッセージが表示されることに不思議に思ったことはないだろうか。日本人にとってなじみのない、個人が自ら募金を募る行為。果たしてこのFacebookの募金キャンペーンとは?

今年6月から日本で非営利団体のための募金キャンペーンの作成が可能に

Facebookは、2015年に慈善活動募金ツールを導入して以来、募金キャンペーンや寄付ボタンで合計20億ドル以上を集めた。

これまで4,500万人以上の人々が寄付をしたり、個人で募金キャンペーンを作成して寄付を呼びかけたりし、その数は2018年の11月から2019年9月20日現在まで、2倍以上に増えているという。

日本では2019年6月に非営利団体のための募金キャンペーンの作成が可能になった。

個人も誕生日をきっかけに募金キャンペーンが可能に

また、Facebookが2015年から合計20億ドル以上集めたうち、10億ドルは誕生日をきっかけに立ち上げられたものだという。

海外では、このように自分の誕生日をきっかけに募金キャンペーンを立ち上げ寄付を募る人が多くいることを背景に、2019年6月には日本で“誕生日の募金キャンペーン”もスタートしている。

これが、自分の誕生日が近づくと「募金キャンペーンを開始してください」のメッセージが表示されるようになった理由だ。

個人が誕生日に募金を募る文化

そもそも、個人が募金キャンペーンを始め、しかも誕生日に友人や知人らに寄付を募るというのは、日本人にとって違和感すら覚えることではないだろうか。

しかし、海外では個人が誕生日に募金を募る行為は、すでに浸透しており、ここ数十年のトレンドだといわれる。

米国では誕生日の少し前から募金を募ることを「バースデー・ドネーション」と呼んでいる。

誕生日といえば、お祝いのギフトをもらうのが一般的だが、そのギフトの代わりに友人や知人からお金を寄付してもらい、集まった寄付金を自分が寄付したい慈善団体などに寄付をする。

これにより、寄付をした友人や知人たちは、誕生日ギフトにお金を投じる代わりに、誕生日の相手が社会貢献をする手助けができる。つまり、相手をより社会ないしは世界へと貢献する人間にする手伝いができたことで、相手をハッピーにさせられたというわけだ。ギフトを直接買って渡すよりも、相手にとって価値ある“ギフト”ではないかとも考えられている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。