人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

進化したAlexaに対応!さらに便利になったスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズ

2019.09.28

Amazonは新しいAmazon Echoシリーズを発表した。今回発表された製品は以下の通り。

・Echo Studio: 没入感のあるサウンドを実現する5つのスピーカーと、置かれた部屋の特性に応じ最適な音楽体 験を提供する自動調整機能、さらにZigbee対応スマートホームハブを内蔵したEchoシリーズ最上のスマートスピー カー。24,980円(税込)で販売。

・Echo(第3世代): 第2世代から一新されたファブリック調の外観デザインに加え、さらに良質なサウンドを実現した 新世代のEcho。11,980円(税込)で販売。

・Echo Flex: 家の様々な場所に設置でき、手軽にAlexaを体験できるプラグイン式のスマートスピーカー。2,980円 (税込)で販売。

・Echo Dot with clock: 時刻や外気温、タイマー、アラームなどを表示するLED時計搭載の新しいEcho Dot。 6,980円(税込)で販売。

新登場のAmazon Echoシリーズ詳細

Echo Studio 

5つのスピーカーを搭載したEcho Studioは、音が広がる空間や奥行き、明瞭さなどを分析し、上質な音楽体験を提供す べく設計されている。

5.25インチウーファーと最大出力330Wのパワーが、低音出力を最大化させる開口部を通じて、 重厚感のあるサウンドを再現。

さらに、Echo Studioは、1.0インチツイーターと、ダイナミックな中音域や切れ味の ある高周波数帯のオーディオ再生が可能な、3つの2.0インチミッドレンジスピーカーを搭載している。

加えてビット深度 24、帯域幅100kHzのパワーアンプを備え、Amazon Music HDを通じて高音質なロスレスオーディオを再生することも可能。

自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知し、最適な音質でのオーディオ再生を微調整できるため、 部屋のどの場所に置いても存分に機能を発揮する。

Echo Studioは、Echoシリーズで初めてDolby AtmosとSony 360 Reality Audioを採用し、音に包まれるような没入感あ る3Dオーディオを体感できるスマートスピーカー。

Echo Studioで楽曲を再生すると、リスナーはアーティストが目の 前にいるかのような音楽体験を楽しめ、お気に入りのアーティストや楽曲をさらに身近に感じることがでる。

Universal Music GroupやWarner Music Group、Sony Musicは、新譜やヒット曲、往年の名曲などを、こうした没入感あ るフォーマットで今後提供する予定。Echo Studioを利用すれば、3DミュージックをAmazon Music HDを通して楽 しむこともできる。

またEcho Studioを、一部のFire TVシリーズとペアリングすることにより、Dolby Atmos、Dolby Audio 5.1などに対応した 映像を楽しみながら、3Dオーディオを体験ができることも今後可能となる予定。

さらに、Echo Studioは Zigbee対応のスマートホームハブも内蔵し、対応するスマートホームデバイスを制御できるため、リビングルームでの利 用にも適している。

Echo(第3世代)

第3世代のEchoは、第2世代から外観デザインを一新し、ファブリック調のチャコール、ヘザーグレー、サンドストーン、そ して新たに加わったトワイライトブルーの4色のカラーバリエーションにて提供予定。

新しいEchoは、3.0インチウーフ ァーなどEcho Plus(第2世代)と同様のオーディオアーキテクチャを備え、力強い低音再生はもちろんのこと、中高音域 でもさらに細やかなサウンドを再現。

Echo Flex 

Echo Flexは、手軽に家の様々な場所に設置できる全く新しいタイプのEchoデバイス。コンセントに直接差し込む形 で利用できるため、電源ケーブルが邪魔になりがちな家の廊下やキッチンといった場所での利用に適している。

ユーザーはコンパクトなEcho Flexで、対応するスマートホームデバイスの操作や別室へのアナウンスができるほか、お気に入 りのスポーツチームの試合結果や呼びかけに対する応答も、内蔵スピーカーを通じて聞くことができる。

また、Echo Flexに搭載されたUSBポートでスマートフォンやその他アクセサリを充電できるほか、別売のEcho Flex専用に 設計されたスマートナイトライトやモーションセンサーを併せて利用することも可能。

Echo Dot with clock

Echo Dot with clockは、Echoシリーズで最も人気のあるEcho Dotの前面にLED時計が付き、寝室のサイドテーブルや キッチンカウンターなどでの利用に最適。

LEDの明るさは、部屋の明暗に応じて自動的に調整されるため、時刻表 示も見やすく、また天気を確認すれば外気温が、タイマーを設定すれば残り時間が表示され、目覚ましを設定する際に も、設定時刻を確認することができる。

アラームが鳴っている最中にデバイスの上部をタップすれば、スヌーズ機能も 利用できる。

さらに広がるAlexaの新機能

Amazonは、Echoシリーズの新製品に加えて、Alexaの新機能を発表した。新たに加わる機能により、生活はより快適になると共に、これまで以上にこ自身でAlexaを管理することが可能になる。

Alexaがささやき声で応答する

Alexaにささやき声で話しかけると、Alexaもささやき声で応答する機能て。Alexaに早朝に天気を尋ねたり、 深夜にアラームを設定するたびに、ぐっすり眠っている家族を起こしてしまうことなく、利用dけいるサービス。日 本では年内の提供開始を予定している。

大切な人とより便利に繋がる

Alexaが家族や親しい友人など指定した連絡先との通話に最適な時間を見つけ、知らせる機能。

本機能を有効 にすれば、Alexaはユーザーと事前に設定した連絡先のEchoデバイスの利用履歴を確認した上で、指定した連絡先 へ連絡するようリマインド。

さらに、呼びかけ機能も有効にしている場合は、呼びかけを許可された連絡 先のEchoデバイスの利用履歴、またはEcho ShowやEcho Show 5などモーションセンサー付きの端末からの情報に基 づき、Alexaが双方にとって都合が良いと思われるタイミングに連絡するようリマインドする。日本でも提供開始となる 見込みだ。

「アレクサ、なぜそうしたの?」にAlexaが説明

Alexaから聞いた応答の透明性をより高めるための新機能を2つ提供する予定。Alexaにニュースや楽曲 を再生するようにリクエストした際に、Alexaがどのようにリクエストを聞きとったかを確認するには、「アレク サ、最後に私が言ったことを教えて」とAlexaに話しかければOK。

Alexaがか音声で伝えた、最新のリクエ ストを読み返す。

さらに、Alexaに「アレクサ、なぜそうしたの?」と尋ねると、Alexaは最新の音声でのリ クエストに対する応答について、なぜそのように回答したのか、簡潔に説明。本機能は日本でも提供開始となる見 込み。

ユーザー自身により、音声録音の自動削除設定が可能に

Amazonは、何重ものプライバシー保護対策を用いてAlexaおよびEchoシリーズ端末を設計している。

Amazonは今年、ユーザーがAlexaに「アレクサ、今日しゃべったことを全部削除して」、「アレクサ、最後の録音を消して」と呼びかけると、 録音された音声履歴を削除することができる機能を提供開始した。

今日発表する新機能はさらに進化し、 3カ月または18カ月以上経過した自分の音声録音を、期間を選択した上で、継続的かつ自動的に削除する設 定が可能となる。

この機能は、現在提供しているユーザーが音声録音を確認し、個々に、または一度に全て削除でき る機能に追加される形で、日本では年内に提供開始となる予定だ。

購入方法および出荷開始時期について

新しいAmazon Echoシリーズは、Amazon.co.jpで予約受付を開始している。第3世代のEcho ( https://www.amazon.co.jp/echo )とEcho Dot with clock( https://www.amazon.co.jp/echo-dot-with-clock )は10 月16日(水)に出荷開始を予定。

Echo Flexは( https://www.amazon.co.jp/echo-flex )11月14日(木)に、そ してEcho Studioは(https://www.amazon.co.jp/echo-studio )は12月5日(木)に出荷開始を予定している。

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。