人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

選び方のポイントは?価格帯別のBluetoothスピーカーおすすめ6選

2019.11.21

価格帯別のスピーカーの特徴を押さえた上で、自分に合ったスピーカーを購入したいという人に必見です。Bluetooth対応スピーカーの選び方や、1万円未満・1万円以上・2万円以上の価格帯別のおすすめスピーカーを紹介します。

Bluetoothスピーカー選び方の基本とは?

Bluetoothスピーカーは、無線接続で音楽を楽しめるワイヤレススピーカーです。対応機器であれば簡単に接続でき、機種によっては外出先でも楽しむことができます。Bluetoothスピーカーの選び方を理解し、スピーカー選びの参考にしましょう。

重要視したい音質性能

Bluetoothスピーカー選びで重視したいのは「音質性能」です。スピーカーのサイズや性能によって、音質が異なりますが、最近では、小型スピーカーでも聴くには十分満足できる音質のものも発売されています。

小型スピーカーであっても「パッシブラジエーター」と呼ばれる低音域を増幅させる機能のスピーカーユニットを搭載していれば、重低音を響かせ、音質の幅を広げてくれます。

また、音声を圧縮する方式を指す「対応コーデック」を確認することも大切です。一般的なBluetoothスピーカーには、音質よりもスムーズな再生を優先する「SBC」に対応しています。高音質の「ハイレゾ音源」を再生するのなら、「LDAC」対応のスピーカーを選びましょう。

使用用途や充電方式をチェック

場所を選ばずに音楽を再生するのなら、バッテリー内蔵のスピーカーがおすすめです。ケーブルが不要で、コンセントの電源が取れない屋外でも音楽を聴くことができます。

入浴中やアウトドアなど、水に濡れやすい場所で使用するのであれば、防水機能が搭載されているスピーカーを選びましょう。防水保護等級が「IPX7」以上であれば、使用中に水没しても内部が浸水して壊れることも少ないです。

1万円未満のコスパの良いスピーカーを紹介

なるべくリーズナブルな価格で、音質の良いスピーカーを購入したいという人は、1万円未満のスピーカーを検討することをおすすめします。

初心者におすすめ Anker SoundCore 2

Ankerの「SoundCore 2」は、日本語によるカスタマーサポートや18カ月の製品保証が付いているため、安心して使用することができます。

最大で24時間の連続再生ができるため、充電を気にせずに使用できます。防水保護等級がIPX7で、入浴中や屋外で水に濡れたり水没したりしても、故障する心配が少なくて済みます。

独自技術「BassUp」により、幅の広い音域や深みのある低音を堪能でき、スマホとワイヤレス接続すれば、スマホから最大20m離れた場所からでもハンズフリー通話が可能です。

商品名:Anker SoundCore 2 ブラック
メーカー価格:4544円(税別)
Amazon:詳細はこちら

コンパクトで使いやすい SONY ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-XB10

SONYの「ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-XB10」は、スマホで再生した音楽をより低音の効いた高音質で聴けるBluetoothスピーカーです。

パッシブラジエーター搭載のため、重低音の効いた音質を楽しめます。バッテリーが内蔵されており、4時間半の充電で最長16時間再生が可能です。コンパクトで使いやすい点も魅力の一つです。

商品名:SONY ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-XB10
価格:オープン価格
Amazon:詳細はこちら

1万円以上のおすすめスピーカー

スピーカーの価格が高くても、機能性が高いものや音質を求めている人は1万円以上のスピーカーをおすすめします。具体的におすすめな製品を紹介しますので、参考にしてください。

ライブ感のあるサウンド SONY ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-XB31

SONYの「ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-XB31」は、ライブ感のあるサウンドが特徴です。「DSP」と呼ばれる低域増強機能により、小さい音量でも明瞭な重低音やボーカルを聴くことができます。

またコーデック「LDAC」対応のため、ワイヤレスでも高音質の音楽が楽しめます。5時間の充電で最長24時間再生が可能です。防水・防塵・防サビ機能があるため、水のある場所でも使用することが可能です。多少の雨でも心配もいりません。

「パーティブースター」機能は、パーティやイベントなどで場を盛り上げたい時におすすめです。音楽を聴きながら本体を手の平でたたくと、15種類の効果音が出せます。

  • 商品名:SONY ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-XB31
  • Amazon:詳細はこちら

外出先で使いたい JBL CHARGE3

JBLの「CHARGE3」は、筒状のデザインが印象的なBluetoothスピーカーです。両端に配置されている「デュアル・パッシブラジエーター」が、迫力のある重低音を響かせます。

大容量のバッテリーが内蔵されており、最大20時間の連続再生が可能です。また、モバイルバッテリーとして、スマホやタブレットの充電が行えるため、外出先でも活躍してくれます。

耐久性の高い素材と頑丈なゴム製で本体が構成されており、壊れにくいというのもうれしいポイントです。防水保護等級はIPX7で、雨に濡れたりしても安心です。

商品名:JBL CHARGE3
Amazon:詳細はこちら

2万円以上する人気の高性能スピーカー

コストは度外視で、より高性能なスピーカーを購入したいという人や、価格別の特徴を網羅した上で、自分に必要な特徴のスピーカーを選びたいという人に、おすすめのスピーカーを紹介します。

360度の広がりのある音楽を BOSE SOUNDLINK REVOLVE+ BLUETOOTH SPEAKER

BOSEの「SOUNDLINK REVOLVE+ BLUETOOTH SPEAKER」は、360°に広がるサウンドを実現した高性能スピーカーです。密室や壁際に置いて再生すれば、反射音により、ライブ会場にいるような臨場感を味わうことができるでしょう。

またデュアル・パッシブラジエーターが搭載されているため、高音質な低音を再生できます。バッテリー内蔵により、最大16時間の連続再生が可能です。

耐久性・防滴性に優れており、ボディに採用された柔らかい素材が衝撃を吸収してくれます。

大迫力のサウンド B&O PLAY Beoplay P6

B&Oの「PLAY Beoplay P6」は、高度なDSPと独自のアルゴリズムによって、360°にスムーズな大迫力のサウンドを再現します。バッテリー内蔵により、最大で16時間の再生が可能です。

防塵・防滴機能が備わっており、屋外でも音楽を楽しむことができるでしょう。スマホとワイヤレス接続しておけば、ボタン一つで「ボイスアシスタント機能」や「ハンズフリー通話」が利用できます。

文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。