人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

複雑すぎてわかりにくい!軽減税率を評価する人は3割弱という結果に納得

2019.09.26

10月から消費税が8%から10%へ引き上げられる。この増税に伴い、「軽減税率」「キャッシュレス決済ポイント付与」といったキャンペーンや政策もスタートするが、実際のところ、世間での認知度はどの程度のものなのだろうか?

そんな「増税」に関する様々な設問を設けたアンケート調査がこのほど、LINEリサーチにより全国10~60代1,271名を対象に行われたので、その結果を紹介していきたい。

増税にはあきらめムード、駆け込み購入には結婚式も!

今年10月に消費税が引き上げられることについては、98%の方々が「知っていた」と回答した。

今回の増税について考えていることに関しては、「しかたがないこと」との回答がトップとなり、「増税にあわせての値上げが心配」「景気がわるくなりそう」との回答が続く。増税はしかたないこととあきらめつつも、便乗値上げやさらなる景気悪化についての懸念があるようだ。

増税前にやっていることを尋ねる調査が行われたところ、「節約をする」との回答がトップとなり、以降「大きな買い物をすませておく」「キャッシュレス決済を始める」と続く。

やっていること、今後やろうとしていることについては、男女50代以上を中心に「節約する」という回答が多くみられる一方、女性20~30代を中心に「買いだめする」という意見も見受けられた。

増税前の買いだめや駆け込み購入として、どのようなものを購入したか回答してもらった結果、日用品を中心とした「トイレットペーパー、ティッシュ」「洗剤」「ベビー用品」「コンタクトレンズ」などが多くみられた。また、中には以下のような意見が見られた。

・振袖(女性/10代)
・学校指定の制服、学用品(女性/30代)
・結婚式(女性/30代)
・スポーツジムの会費を1年払いにした(女性/50代)
・お墓や土地(女性/50代)
・家のリフォーム(女性/60代)

主な増税対策の評価は?軽減税率の認知は高いが評価は低い結果に

今回の増税にともない行われるキャンペーンや政策はいくつかある。ニュース等でよく取り上げられる以下4つを今回ピックアップし、それぞれの認知や評価を聴取する調査も行われた。

・軽減税率(お酒や外食をのぞく飲食料品、新聞の定期購読料への消費税が8%すえおきになる制度)
・キャッシュレス決済ポイント付与(キャッシュレス手段を利用し消費者にポイント還元を行う制度)
・幼児教育無償化(一部世帯の0-2歳児、全世帯の3-5歳児の保育料などの利用料が無料となる)
・プレミアム商品券(一部の対象者世帯に、増税後6か月利用できる商品券を発行する制度)

軽減税率は認知率が8割弱。しかし好意的に見ている方は3割弱にとどまっている。一方、幼児教育無償化は認知率が5割程度ではあるものの7割弱の方々が歓迎しており、評価は比較的高い結果となっている。

このように増税にむけて様々な施策が行われているが、今回の増税分をどのように役立ててもらいたいか尋ねる調査が行われたところ、以下のような意見が寄せられた。

・免許証返納したドライバーなどへの対策(男性/60代)
・これからの子育て世代のために使ってほしい。幼稚園無償化に限らず、中学高校の学費負担とか。(女性/40代)
・あげた分だけ、保険や年金、医療などきちんと役立てて欲しい。(女性/30代)
・高等教育の学費軽減(男性/10代)
・奨学金の利子の軽減(女性/20代)

保険、年金や医療についてだけではなく、各年代において様々な要望が見られた。

キャッシュレス決済普及への後押しにも

今回、増税にともなう対策にも含まれている「キャッシュレス決済ポイント付与」。これに伴い、キャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など)について意識や行動はどのように変化しているのだろうか。

男性30~60代まで3割弱がすでにキャッシュレス決済を増税に向けて始めており男女20代、女性40~60代の1割ほどがこれから導入する意向があるようだ。

認知が低い10代、20代はキャンペーン内容を知った後の好意度が高い結果になっている。今回の増税に伴う対策をきっかけに、認知が上がっていくことでキャッシュレス決済の普及を後押しすることにもつながっていくとも言えるのではないだろうか。

今回の調査の結果はいかがだっただろうか。

「生活にゆとりがある」と答えた方は3割ほどと、きびしい状態の中で今回の増税は施行される。増税と同時に推進されていくキャンペーンを、うまく利用しながら生活を送ることが求められそうだ。

【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15-69歳の男女
実施時期:2019年8月26日~8月29日
有効回収数:1,271サンプル
※人口構成比にあわせて性年代でウェイトバック

出典:LINEリサーチ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。