人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ラグビーW杯の試合会場でも体験できる!2020年の本格始動に向けて着々と準備が進む「5G」の世界

2019.10.03

KDDIの場合

[スポーツ観戦]5Gならではの体験を準備中

スポーツ観戦

スポーツ観戦

横浜DeNAベイスターズや名古屋グランパスとともに、5G時代のスマートスタジアム構築と新観戦体験の実現に向けたパートナー契約を締結。9月開催の「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」にも技術提供をする。5Gを活用したドローンレースも開催予定だ。

[B to Bソリューション]5Gのビジネス活用にも注力

B to Bソリューション

企業向けのイベント「KDDI 5G SUMMIT」では、5Gを活用したB to Bの取り組みを多数紹介。企業向けの5G対応サービスとして、AIカメラによる人物検知、3Dホログラム、情報をインタラクティブに表示するディスプレイも発表した。

各社に割り当てられた5G周波数一覧

[NTTドコモ](2020年春開始予定)

・3.7GHz帯…3600~3700MHz(100MHz↑↓)
・4.5GHz帯…4500~4600MHz(100MHz↑↓)
・28GHz帯…27.4~27.8GHz(400MHz↑↓)

[ソフトバンク](2020年3月頃開始予定)

・3.7GHz帯…3900~4000MHz(100MHz↑↓)
・28GHz帯…29.1~29.5GHz(400MHz↑↓)

[KDDI/沖縄セルラー電話](2020年3月開始予定)

・3.7GHz帯…3700~3800MHz(100MHz↑↓)
・3.7GHz帯…4000~4100MHz(100MHz↑↓)
・28GHz帯…27.8~28.2GHz(400MHz↑↓)

[楽天](2020年6月頃開始予定)

・3.7GHz帯…3800~3900MHz(100MHz↑↓)
・28GHz帯…27.0~27.4GHz(400MHz↑↓)

総務省は5Gに向け、携帯電話各社に新しい周波数帯の割り当てを実施。電波は高周波になるほど障害物に弱くなる一方で、より多くの帯域を確保できる。このため3.7GHzや4.5GHzはより広いエリア構築に、28GHzはピンポイントながら高速・大容量が求められる場所に使われることになりそうだ。

取材・文・写真/太田百合子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。