人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ラグビーW杯の試合会場でも体験できる!2020年の本格始動に向けて着々と準備が進む「5G」の世界

2019.10.03

ラグビーのワールドカップ

日本で5Gが本格始動する2020年に先駆けて、携帯電話各社ではユーザーに対して5Gを体験できるプレサービスを順次開始する。ドコモがラグビーのワールドカップで大規模な体験イベントを実施するほか、KDDIでも5Gを体験できる場を提供する予定だ。

ただ速くなるだけじゃない!社会インフラとなる5G

 現在提供されている4Gも、今や受信時最大1Gbpsまで速度が出るようになった。しかし5G時代で確立されようとしているのは、その10倍となる、10Gbps以上の高速通信だ。VRやAR技術を駆使した臨場感ある映像と、立体サウンドによる相乗効果で、遠隔地でも現地にいるような体験ができるようになるだろう。

 通信の遅延も限りなく小さくなるので、例えば映像を見ながら遠隔での重機やドローンの操縦、手術などが実現する可能性もある。また、ひとつの基地局に多くの端末が接続できるので、ありとあらゆるものがつながるIoTも、一気に加速するのは間違いない。

 このように5Gは、私たちの暮らしを変える社会インフラとして、大きなポテンシャルを秘めている。来年にかけて実施される各社のイベントやプレサービスで、ぜひその片鱗を体験してみよう。

NTTドコモの場合

[ラグビーのワールドカップ]スポーツ観戦の未来を体験

ラグビーのワールドカップ

ラグビーのワールドカップ

ドコモは全国8会場のスタジアムやライブビューイング会場で、実際の5G通信設備、端末を使ったマルチアングル視聴体験などを提供予定だ。また、同様に5Gのマルチアングル視聴を疑似体験できるブースも全国16か所に設置する模様。スタジアムでは報道写真を5Gを使って高速アップロードする取り組みも行なわれる。

[ソラマチ]5Gを疑似体験できる常設展

ソラマチ

5Gの時代になってできることの一部を、身をもって体験できる常設イベント「PLAY 5G~明日をあそべ~」が、東京ソラマチで開催中だ。無料で様々なVRを体験でき、5G時代のスポーツの楽しみ方を先取りできる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。