小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

制菌加工にとことんこだわった山善の電気毛布と機能美ヒーター「mill」が優秀すぎる理由

2019.09.26

家電、インテリア、収納、エクステリア・ガーデン、アウトドア、工具、日用品と幅広く商品を展開している山善が、冬物の主力製品である暖房商品の新製品発表会を9月20日に開催した。発表されたのは「mill」ヒーターシリーズと「制菌加工電気毛布」シリーズ。

「山善全体でいろんな商品があるなかで主力商品の家電ですが、ひとつは扇風機やハンディファンやサーキュレーターなどで、扇風機で山善という会社を知っている一般の方もいらっしゃると思います。これからの冬物ではこたつ、ヒーター、加湿器、電気毛布、ホットカーペットなど暖房器具も主力製品。今期は暖房商品に「mill」と「制菌加工電気毛布」をラインナップに加えまして、今後もユーザーの声に耳を傾けて皆さんに愛される商品作りをしていきます」(山善/中山尚律氏)

「制菌加工電気毛布」は小林製薬とのコラボで機能性を向上

「mill」は2012年にノルウェーで生まれた、美しく機能的な製品を取り揃える暖房機器を中心とするプレミアムライフスタイルブランド。すべてノルウェーで設計され、ヨーロッパを中心に世界25か国での販売実績を持ち、極寒の地ノルウェーで設計された機能性と北欧ならではのデザイン性を持ち合わせた商品を展開。今期から日本へ本格参入する。「日本における暖房機器は従来から機能性を重視する傾向にあるが、「mill」ブランドの商品については、機能性に加えてデザイン性やインテリア性を備えた商品として、新たなライフスタイルを提案したい」(山善/川邊一馬氏)

一方の「制菌加工電気毛布」は、小林製薬とのコラボレーションにより生まれた、抗菌防臭より厳しい制菌加工の基準をクリアした電気毛布。清潔志向や触り心地の良さなどの消費者のニーズに応える付加価値を付けた商品になる。

「抗菌防臭から制菌加工へと機能の差別化に加えて、「あったらいいな」という相乗効果により、新市場への商品認知度の向上を目指します」(山善/村上幸輔氏)

「mill」のオイルヒーターは、厳しい寒さの北欧で冬を快適で健康的に過ごすために作られ、部屋を芯から暖める「millヒートブーストテクノロジー」を搭載。熱を本体内部に取り込むことで効率的に快適環境を作り出し、内部に取り込んだ熱を部屋に循環させるシステムのために空気を汚すことなく部屋を暖めることができる。電源をコンセントに差してスイッチを入れるだけで使用可能で、お手入れもコンセントを抜いて拭くだけ。メンテナンスを考えて非常にシンプルなデザインで構成されているのも特徴だ。自動温度設定機能を搭載しており、設定した温度に到達すると自動的に調整して無駄な電気も節約できる。空気を汚さず暖房できるため、換気の回数が抑えられ、効率よく経済的に利用でき、さらに安全性が高いことも魅力のひとつ。灯油やガスを使用しないので高い安全性を実現。温度が上昇しすぎると自動的に調整し、転倒時には自動で電源をオフにする機能も搭載している。

『「mill」オイルヒーター1200W』
(オープン価格)
「millヒートブーストテクノロジー」や日本独自の機能としてワンタッチで設定できる「おやすみタイマー」を搭載。

『「mill」オイルヒーター1000W』
(オープン価格)
この製品も「millヒートブーストテクノロジー」と日本独自の「おやすみタイマー」を搭載。

『「mill」コンペクションヒーター1000W』
(オープン価格)
「急速ヒートディストリビューション」を搭載。効率よく滞留を行なって部屋を効果的に暖める商品。

『「mill」パネルヒーター1000W』
(オープン価格)
熱効率のよいヒーティングフローを実現。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。