人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アルコールが飲めない人も複雑な味と香りが楽しめるノンアルコールワイン「ヴィンテンス」からヌーヴォーワインが登場

2019.09.26

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

最先端の脱アルコール技術でワインの複雑な味と香りを保持したノンアルワイン

 今年もボジョレーヌーヴォーの季節が近づいてきたが、マタニティやドライバー、高齢者など、アルコールが飲めない人にもヌーヴォーが味わえるノンアルコール・ヌーヴォーワイン「ヴィンテンス ピノ・ノワールヌーヴォー」が日本に初入荷される。ヌーヴォー解禁に先駆けて、輸入ワインの「MELLOW store(メロウストア)」にて先行予約を開始した。

「ヴィンテンス ピノ・ノワールヌーヴォー」は43か所のワインヤードを持つ「ベルナール・マグレファミリー」のフィリップ・マグレ氏が手がけたもので、チリで2019年に収穫された中から厳選されたピノ・ノワールを100%使い、ボジョレーヌーヴォーと同じ手法で醸造したアルコール0.0 %のノンアルコール赤ワインだ。

 日本初入荷を記念してベルギー大使館にて、来日したワイナリーのフィリップ・マグレ氏、製造を担ったベルギーの飲料水メーカー・ネオブュル社のキャロル・ブラグマン氏、輸入元の湘南貿易の橋本則夫社長らが出席したテイスティングパーティーが開催された。

「昨今、ノンアルコールワインの需要は世界で高まっている。妊娠中の女性は水以外に楽しみながら飲めるものを探しているし、スポーツマンは体をコントロールしながら、少しでも楽しめる飲み物があればいいと思っている。また、ドライバー、肝機能が低下した高齢者、服薬している人など、ワインが飲みたくても飲めない人も多い。アルコール摂取をしなくても誰でもワインを楽しめる商品が『ヴィンテンスオリジナルシリーズ』だ。

 ネオブュル社はベルギー生まれのブランド。市場シェアの7割を超えるリカーで、世界中に商品を届けることでトレンドを発信している。ベルギーにあるネオブュル社の脱アルコール工場は最先端の技術を誇る。アルコールを最大30℃までの低温で蒸発させ、ワインの複雑な構造とアロマを保持しながら真空脱アルコールの独自のプロセスによって、アルコールを0.0%に分解する。世界のブドウ畑から特定の銘柄を選んで、アロマ、色まで楽しむことができるノンアルコールワインがヴィンテンスオリジナルシリーズの特徴だ」(ブラグマン氏)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。