人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コスパ最高のホテルや蒸留所のある飲食店も登場!秋葉原~御徒町駅間に歩きたくなる高架下「AKI-OKA」がオープン

2019.09.21

「AKI-OKA」は秋葉原~御徒町駅間を“歩きたくなる高架下”として、多くの人に利用してもらうために目的に名付けた愛称だ。2010年に開業した「2k540 AKI-OKA ARTISAN」を皮切りに、「ちゃばらAKI-OKA MARCHE」「御徒町らーめん横丁AKI-OKA GOURMET」などテーマを設けた開発を進めてきた。

今回の計画は主に秋葉原駅側約160m区間の開発であり、開業後に既存各施設との相互連携により同駅間全体で一体となり、各店舗等の多様なサービスの提供により、多くの人に利用してもらうための“歩きたくなる高架下”の完成を目指す。

そこで今回は、秋葉原~御徒町駅間の高架下に登場する施設を紹介していきたい。

秋葉原~御徒町駅間の高架下に施設が続々誕生

「AKI-OKA」コンセプト

秋葉原、御徒町。特徴ある2つの街をつなぐもの、「こだわり」。そのこだわりには日本のならではのスグレモノがたくさん詰まっている。日本全国、世界中から人々が集まる街だからこそ、何でもあるではなく、ここだからこそ・この人だからこそのこだわりを楽しめる、日本のスグレモノのさんぽ道を目指す。

日本の技術をテーマとした集合店舗の開発

今回の開発では、「日本の技術」をテーマに、かつての電気街を意識した、こだわりある専門的で独特な世界観を活かした開発を目指す。

集合店舗は4棟からなり、2019年度下期にて順次オープン予定だ。倉庫や工場をデザインモチーフに無骨で飾らない建物の中では、オーディオやカメラ等、電気街を生み出した秋葉原らしいプロダクトの商品の販売や中古買取販売、修理などの物販エリアと、蒸溜所など食の技術を感じる飲食エリアを展開する。

高架下の宿泊施設を開発

年々高まっている秋葉原の宿泊需要を満たす宿泊施設を高架下に開発。国内観光客、訪日外国人および近隣ワーカー等をターゲットに価格帯を抑えつつも居心地の良いホテルを提供する。

通常のダブルタイプに加え、大人数部屋を多数用意し、ファミリー層にも対応。高架下という立地ながら、その空間を有効に活用した内装も特徴だ。

JR秋葉原駅至近という好立地で東京観光の「最前線基地」としての機能を有した宿泊施設となる。施設は今回新たに計画している集合店舗や既存の「2k540AKI-OKA ARTISAN」、「ちゃばらAKI-OKA MARCHE」等との連携なども実施していく予定だ。

全体計画概要
所在地  東京都千代田区神田練塀町13-1、15-1ほか(地番)
JR山手線・京浜東北線 秋葉原駅・御徒町駅間高架下
JR秋葉原駅から約徒歩3分
開発規模 敷地面積:約4000㎡(集合店舗4棟、宿泊施設1棟)
開発時期 2019年秋から順次開業(宿泊施設11月予定)
開発会社 名 称:株式会社ジェイアール東日本都市開発

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。