人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発売直前!「iPhone 11 Pro Max」と「iPhone 11」を実機を使ってガチ評価

2019.09.19

■連載/石野純也のガチレビュー

 iPhone 11シリーズが、9月20日に発売される。昨年発売されたiPhone XS、XS Max、XRと同じくバリエーションは3機種で、ディスプレイのサイズや解像度も維持された一方で、その位置づけを一新。iPhone XRの後継機にあたるiPhone 11が、ナンバリングされた“メインのiPhone”の座につき、iPhone XS、XS Maxの後継機はiPhone 11 Pro、11 Pro Maxとして、“プロ用”を明確に打ち出した。

 大きな進化点は、3機種とも、35mm判換算で13mmの超広角カメラに対応したところだ。iPhone 11は広角カメラと合わせて2つ、iPhone 11 Pro、11 Pro Maxは広角カメラ、望遠カメラと合わせて3つのカメラを搭載する。このカメラを、シームレスに切り替えられるのが、iPhone 11シリーズ最大の特徴と言える。

発売前に試用することができたiPhone 11 Pro Max(左)とiPhone 11(右)

 チップセットは3機種ともに「A13 Bionic」が採用され、パフォーマンスも上がった。また、iPhone 11 Pro、11 Pro Maxは背面の素材がすりガラスに変わり、光沢感が抑えられている。ここでは、そんな最新のiPhone 11シリーズの中から、iPhone 11とiPhone 11 Pro Maxの実機をテスト。その実力をチェックした。

iPhone 11 Pro Max

iPhone 11

刷新されたカメラは超広角モードが楽しく、使い勝手も自然

 最大の特徴ということで、まずはカメラから見ていきたい。試用したiPhone 11はデュアル、iPhone 11 Pro Maxはトリプルカメラで、13mmの超広角と、26mmの広角は共通。iPhone 11 Pro Maxのみ、この2つのカメラに加えて、52mmの望遠レンズを搭載している。広角カメラを起点にした倍率に換算すると、超広角カメラが0.5倍、望遠カメラが2倍になる。それぞれのカメラで撮った写真の画角は、以下のとおりだ。

iPhone 11はデュアル、iPhone 11 Max Proはトリプルカメラを搭載

上から13mm、26mm、52mmで撮った写真

 13mmは超広角で、数値を見ると魚眼レンズに近いように思われるかもしれないが、歪みは非常に少なく、クオリティが高い。ダイナミックな写真になるため、風景や建築を撮る際に十分な距離が取れないときにも活躍するはずだ。望遠、広角も色が正確で、ディテールも鮮明に写っている。

 iPhone 11シリーズは、「スマートHDR」も第2世代に進化し、明暗差の大きな場所で撮影しても、よりキレイな写真が撮れるようになった。光の差し込む窓を背景に人物を撮ってみたが、確かに顔が黒くつぶれることがなく、明るい場所も白飛びせずにしっかり描写されている。特に設定をする必要なく、このクオリティで撮れるのがうれしいポイントだ。

明暗差の大きな場所でも、キレイに写真が写る

 とは言え、超広角カメラ自体は、そこまで珍しい機能ではない。むしろ、ハイエンドのスマートフォンでは一般的になりつつある。iPhone 11シリーズが優れていると感じたのは、そのユーザーインターフェイス(UI)だ。たとえば、広角カメラで撮ったときの画面を見てほしい。広角カメラで写し出した映像の左右に、超広角カメラの映像が組み合わさっていることが分かるだろう。実は広角カメラと同時に超広角カメラが起動しており、2つ映像が合成されているのだ。このUIのおかげで、画角をまとめて確認でき、どちらで撮った方がいいのかを判断しやすい。

広角カメラでは本来見えない左右まで、映像として見えていることが分かる

 UI上で2つのカメラを同時に活用しているだけでなく、設定しておけば、超広角カメラ側で撮った写真を、裏で保持しておくこともできる。これを生かせるのが、画像を編集するとき。傾きを補正するようなときに、足りない部分を超広角側で撮った写真を使って補うことができたり、微妙に欠けてしまった被写体を表示させたりすることができ、編集の幅が広がる。撮った写真を見返して後悔しないで済むため、ぜひ有効にしておきたい機能だ。ちなみに、動画ではこの設定がデフォルトでオンになっている。

超広角側の写真を保持する設定を用意

超広角で撮った写真は、編集の際に使用できる

 カメラを切り替える際のUIも秀逸だ。撮影時には0.5倍と1倍、2倍に切り替えるボタンが表示されるが、ここを長押しすると、ズームイン、ズームアウトの倍率を細かく調整することが可能。しかも、ハードウェアが切り替わっているのにも関わらず、それをほとんど感じさせないシームレスさで、あたかもレンズを回してズームしているような錯覚を覚える。細かく見ていくと、0.9倍から1倍にするときに、やや映像の位置にズレはあるが、ゆっくりズームしていかなければ分からないレベルだ。

ズームの動きが非常にスムーズで、物理的にセンサーを切り替えていることを感じさせない

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。