人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleの検索履歴を消したい時どうする?非表示、手動削除、自動削除の3パターンを解説

2019.09.22

日常「?」と思ったら、すぐにGoogleで検索している人は多いのではないだろうか。だが、時には人に見られたくないワードを調べていることもあるだろう。ここでは、そんなとき慌てずに非表示にしたり、削除したりする方法を詳細に紹介する。

すぐに消したいなら手動、どんどん消していきたいなら自動削除

Googleの検索履歴を非表示または自動削除にする方法

Googleで何かを検索する際、検索ボックスをダブルクリックすると、過去に検索したキーワードの履歴が表示されます。過去に自分が検索したキーワードを確認でき、もう一度そのキーワードを調べる際などには便利な機能ですが、ほかの人に見られたくない検索履歴も中にはあるかもしれません。そこで今回は検索履歴を非表示または自動削除する方法をわかりやすく紹介します。

【参考】https://dime.jp/genre/773114/

Googleの検索履歴がどうしても消えない時に手動で削除する方法

過去に自分が何を検索したのか、すぐに分かるGoogleの検索履歴は便利な機能です。しかし、人に見られたくないキーワードが残ってしまうのもネック。そこで今回はGoogleの検索履歴を消したい人のために、検索履歴の確認・削除・非表示方法を紹介してきます。

【参考】https://dime.jp/genre/771897/

他人にいつ覗かれても大丈夫!Googleの検索履歴を簡単に消す方法

ウェブ上に残る“履歴”。過去の自分が検索したことや閲覧したものが残っていて、基本的には便利な機能ですが、時として人に見られたくないこともありますよね。 例えばGoogleの検索履歴の場合、職場用PCとプライベート用スマホで利用しているアカウントが同じなら、プライベート用スマホで検索したことも、職場用PCのGoogle検索履歴欄に表示されてしまいます。ちょっとPCから目を離した隙に同僚にプライベートをのぞかれてしまう……なんて可能性もゼロとはいい切れません。

【参考】https://dime.jp/genre/770650/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。