人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「口が達者」「しつこい」イメージを持たれやすい!?不動産事業者のイメージTOP5

2019.09.22

営業成績が収入に直結しやすい不動産事業者は、対話術や交渉術に長けている場合が多い。

そのスキルの使いどころが悪いと、「しつこい」「強引」など、マイナスイメージを顧客に与えてしまうこともあるものだ。

実際に、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社による「不動産事業者のイメージ」に関するアンケート調査が行われたところ、多くの人が不動産事業者に対してマイナス寄りのイメージを抱いていることが明らかになった。

不動産事業者のイメージTOP5は2年間変わらず定着傾向にあり!?

リビンマッチの利用者126人を対象に「不動産事業者のイメージ」を尋ねる調査が行われたところ、1位『口が達者』(50.0%)、2位『しつこい』(34.1%)、3位『強引』(29.4%)、4位『地域に詳しい』(26.2%)、5位『コミュニケーション能力が高い』『知識が豊富』(共に24.6%)、以下『気配り上手』『多忙』(共に16.7%)、『高収入』(11.9%)、『怖い』(11.1%)という結果になった。

過去2年間の同調査と比較すると、2年連続1位の『口が達者』は2017年の28.1%から50.0%、同じく7位の『気配り上手』も2017年の3.8%から16.7%と大幅に増えたが、2位の『しつこい』、3位『強引』、4位『地域に詳しい』はどれも前年と同位でほぼ同じ割合だった。

不動産事業者=客商売? 担当者の対応の良さで印象決まる!

次に「不動産事業者とのやり取りで良かったことはあるか?」と尋ねる調査が行われたところ、『ある』(47.6%)、『ない』(52.4%)だった。

では、『ある』と回答した人はどのようなことが良かったのだろうか? 1位は『対応が良かった』(80.0%)となり、ほとんどの人が担当者の対応の良さを求めていることがわかった。

2位は『優良物件を紹介してくれた』(23.3%)、3位『お金のことなど色々とアドバイスしてくれた』(18.3%)、4位『契約後も気遣ってくれる(アフターフォローがある)』(15.0%)となり、担当者のちょっとした気遣いにより、さらなる好印象を持つことも明らかに。このことから、不動産事業者は、ある意味客商売であることも推測される。

正確な情報を伝えないことで信頼を失う可能性も……

続いて、「不動産事業者とのやり取りでイヤだなと思った行為はあるか?」と尋ねる調査が行われた。

すると、『ある』(52.4%)、『ない』(47.6%)となり、半数以上の人が不快な思いをしていることもわかった。

『ある』と回答した人を対象に、どのような行為が不快か尋ねる調査が行われたところ、1位は『悪いことを事前に教えてくれなかった』(34.8%)だった。これは、トラブルに発展しやすく、不動産事業者への信頼をも失ってしまう可能性があるため、早急に改善が必要ではないだろうか。

2位は『対応が悪かった』(33.3%)、3位は『所有不動産の売却価格が予想以上に低かった』だった。また、4位の『契約内容が違った』や、『その他』では「騙された」「言っていることが嘘」などの回答があり、担当者が正確な情報を適切に伝えていないことで、このような結果を生み出しているようだ。

※リビンマッチ調べ

<調査概要>
■調査期間:2019年8月31日~8月23日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「リビンマッチ」を利用した30歳以上の男女全国126人

出典元:リビン・テクノロジーズ株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。