人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ITスタートアップの世界的イベント「SXSW」のメイントピックに変化あり!?2020年のテーマはどうなる?

2019.09.19

Photo by Danny Matson/Getty Images for SXSW

毎年3月に米国テキサス州オースティンで開催される、大規模イベントSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)。1987年に音楽フェスティバルとしてスタートした同イベントは、1994年に映画祭が、1998年にはインタラクティブフェスティバルが同時に開催されるようになった。期間中にはスタートアップコンテストも開催され、過去にはTwitterやPinterestが受賞をきっかけにブレイクしており、近年日本からの注目度も高まっている。

SXSWは、「IT・スタートアップの登竜門」「これから世界で流行るモノ・サービスを肌で感じる場」として世界中から注目を集めているが、近年その中心となるトピックが変化してきている。

2020年の注目テーマは何なのか? 先日開催されたプレス向けの説明会の内容をレポートする。

トラックは25から22へ、一部ジャンルを統合・新設

登壇したのはSXSWのマーケティングを統括するマネジャーのPeter Lewis氏。2020年の大きな変更点は25あったトラック(セッションのジャンル)が22に整理統合されたこと。名称もアップデートされたり、新たに生まれたのが以下のトラックだ。

Peter Lewis 
SXSW Global Head of Sales & Operations
テキサス大学オースティン校を卒業後、SXSWに入社。現在はインターナショナル・ビジネス、マーケティングを統括するマネジャー。

●Advertising & Brand Experience(広告・ブランド体験)

従来のマーケティング・フォーマットの妥当性が失われ続ける中で、クリエイティブ・リーダーは、ユニークで説得力のある体験を通じて、消費者との感情的なつながりを構築することによって、これまでのアプローチを構築し直さなければならない。こちらのトラックはデータ、神経科学、ストーリーテリング、および最新の技術を用いて効果的なキャンペーンの展開について共有する。

●Climate & Social Action(気候変動と社会活動)

より社会的に公平で環境的に持続可能な世界に貢献するイノベーションに焦点を当てる。気候変動を世界的な議論の中心に据えた最新の研究について、さまざまな組織のリーダーや科学者たちが、持続的で積極的な社会、経済、環境の変化に影響を与えようとする課題や成功について話す。

●Connection & Culture(次世代の人々の文化と繋がり)

2020年に追加される新しいトラック。オンラインでのやりとりが好まれる世界における対人関係の課題に取り組む。ここでは、どのようにしてお互いがつながるのかを考えるとともに、食、スタイル、アート等の文化を結びつける活動をカバーする。

●Fantastic Future(最新技術と未来)

2020年に新しく追加されるトラック。将来について私たちをインスパイアしてくれる素晴らしい新しいアイデアにスポットライトを当てる。商業的な宇宙旅行から量子コンピューティング、次世代のタッチレスインターフェースに至るまで、これらのセッションは、今後数十年間の生活がどのようなものになるかを議論し、プレビューするための場を提供する。

●Gaming Industry(ゲーム業界)

Gaming Industryは2020年に新しく追加されるトラック。ビデオゲームの制作・マーケティング・配給が、国際文化、テクノロジー企業、映画や音楽を含む従来の娯楽メディアに与える影響力が飛躍的に高まっていることを検証する。

●Professional Development(専門知識と学び)

2020に新たに登場するトラックで、SXSWの代表的な各分野について、より専門的な深い知識を学ぶ機会を提供する。

●Space(宇宙)

多くの要望に応え、2020より宇宙に関する専門のトラックSpaceが新設。銀河間移動の可能性や、宇宙関連の新しい技術が、明日の地球上で最も革新的な生態系をどのように推進するか等をカバーする。

●XR(xReality: VR/AR/MR/SR)

XRは、イマーシブ・インターフェースを備えた現在の機能に焦点を当て、これらのマインドを拡大するシステムがどこに向かっているかを探る。XRは仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)をカバーします。VR/AR/MRとして知られていたこのトラックは、バーチャル・シネマ・プログラムも含む。

SXSWのトラックは時代の変化に合わせてアップデートを続けている。例えば、2019年にはCannabusiness(大麻ビジネス)が追加され、好評だったそうだ。こちらはこれからの大麻に焦点を当てたビジネス、技術、文化、財政、法律、政治のエコシステムについて学ぶもので、2020年も継続予定。

Photo by Mike Jordan/Getty Images for SXSW

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。