人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どこか神秘的な「火」の魅力を身近で感じられる技ありデザイン雑貨3選

2019.09.18

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 最近では、ひたすら火が燃えている様を流し続ける動画が人気だそうで、そのような動画の鑑賞用のスマホアプリも存在するらしい。確かに火というのはどこか神秘的な魅力があり、眺めていると心が落ち着くのは私も一緒だ。さて、今回紹介するのはそんな火の魅力を直に味わうためのデザイン雑貨たちである。スマホの画面上ではなく、直に火を向き合いたい人にはこんな雑貨たちはいかがだろうか。

そのデザインは伊達じゃないファイアーピット『Beer Box Basket』

『Beer Box Basket』は名前が示している通り、ビールボックスのデザインをしたファイアーピット(焚き火台)だ。ボックスの中に燃料材を入れて焚き火をすることができるわけだが、上部が平らな形状になっているので専用グリルを使えばそのままバーベキューをすることもできる。また竹製のシートを使用するとスツールとして腰掛けることまでできる。ところでこの『Beer Box Basket』、ビールボックスのデザインをしているのは決して飾りではなく、実際に2ダース(24本)のビール瓶を格納することができるようになっている。出かける時はビールボックスとして使用し、現地についたらファイアーピットとして使用する、と異なる機能を順番に果たす変わったファイアーピットになっている。ちなみに、ボックス側面には栓抜き用の穴が設けられており、”開かないビールが手元に2ダース” なんていう悲しい事態には直面しなくて済む。価格は税込み27,000円で「Generate Design」のHPから購入することが可能だ。なお、専用グリルと竹製のスツール用シートは別売りとなっている。

水を使わずに賢く消火できるファイアーピット『Cube Fire Basket』

 こちらの『Cube Fire Basket』、一見するとごく普通のファイアーピット、というかこれといって特徴のないファイアーピットに見える。しかし、この製品がその特徴を発揮するのは消火のシーン。実は内側の炉と本体外側は独立して動くようになっており、ピット外側を持って180度ひっくり返してやるように動かすと、今まで炉の下にあった底部が炉を覆うカバーとなり、酸素を遮断することで消火できる仕組みとなっているらしい。これなら重たい思いをして消火用の水を運んでくる必要もないので、面倒な後片づけの負担がかなり減ること間違いない。なお、こちらの製品も専用グリルでバーベキューをすることができるし、竹製のシートを使用してスツールやテーブルとして使用することも可能だ。本体のみの価格は税込み69,984円でこちらも「Generate Design」のHPから購入することが可能だ。専用グリル、竹製のシート、専用カバーは別売りとなっている。

憧れの暖炉生活の我が家にも!『Vent Free Fireplace』

 火が好きな人ならきっと誰もが憧れるのが自宅の暖炉、ではないだろうか。私なんかは子どもの頃、我が家には煙突付きの暖炉がないからサンタクロースはどこから入ってくるのだろう、と不思議に思っていたものだ。そんな憧れの対象の暖炉であるわけだが、実際に自宅に設置しようと思ったらそのハードルは極めて高い。スペースの問題もあるが、一番の問題は何より排気用のシステムを調えるのが難しい、ということだろう。きちんと整えようと思ったら家に穴を空けたりと大掛かりな工事は必至だ。しかし、この『Vent Free Fireplace』ならそんなハードルを越えて暖炉生活を私たちに届けてくれる。『Vent Free Fireplace』は名前が示す通り、ベント(排気口)を不要にした暖炉である。ベントが不要なので、設置する場所を選ばず、大掛かりな工事も不要だ。デザインもとても洗練されてり、ガラスケースの中に火が収まっているのでまるで燃える火という芸術作品を鑑賞しているかのような、贅沢な気分にさせられる。なお、この暖炉には専用の燃料が用意されており、有害物質や匂いの出ない点が特徴となっている。また、着火点が104℃と高いため、万が一こぼしてしまっても他のものに火が燃え移ることがないそうだ。なお、2リットルで3-4時間の燃焼が可能ということだ。価格は105,048円でこちらも「Generate Design」のHPから購入することができる。これまで夢のまた夢と思っていた暖炉のある生活が、この『Vent Free Fireplace』があれば可能になりそうだ。

text/Wataru KOUCHI

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。