人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バッグに常備したいレベル!DIME最新号の特別付録デジタル計量スプーンを使ってみた

2019.09.19

イケてるサラリーマンは何もかもがヘルシー指向!だけどこれまではカンタンに食材の秤量ができませんでした! (´・ω・`)

 通常のオフィス以外の様々な場所で、ここぞとばかりに仕事を見せつける変わった人種である「ノマドワーカー」。

 イマドキのサラリーマンは、颯爽(さっそう)とノートパソコンやデジタルガジェットをみんなに見せびらかして、外出先の、主にスタバ(スターバックス。意識高い系の人が、いつも行き付けで利用するコーヒー店のこと。)で、格好良くキーボードを、カチャカチャカチャ・・・ッターン!と叩いて、仕事をしているフリをするのがトレンディエンジェルの斉藤さんとされているようでして、何やらマスコミ系の主人公の、テレビドラマのワンシーンで、よくノマドが紹介をされています。(ちなみに、「デジタルガジェット」を「オタクのように愛(め)でる」人たちの総称を、現代用語の基礎知識として「でじ@おた!」と定義することに世の中では決まっています。試験に出ますので覚えておきましょう。うそです。今年のDIMEトレンド大賞には、もちろんノミネートはされておりません。)

 ともあれ、幸(さち)あれ、やっぱり「ノマドワーク」は、見た目がやっぱりワンダフルで、ピースフルですので、ノマドで「でじ@おた!」なワーキングプアを志す人が、いまだ引きも切らず、推しても切らずにいられるようです。本誌でも様々な企画で、積極的にノマドワークを推しています。まことにありがとうございます。「でじ@おた!」もこの際推してください。というか本誌でマンガ描かせてくださいませ。←誌面私物化。

 そんな、このたびドラマ化される、左利きのエ〇ンのような、クリエィティブでトレンディなビジネスマンに欠かせないのが「ノマドワーキング」ですが、ワーキングするプレイスでお馴染みの、スタバのコーヒービーンズの量や、スパイス、エッセンス、砂糖、塩、水、はちみつの量を把握するのは、ヘルシーライフにおいては、必然かつ自明の理です。もしうっかり、スパイスを大量に摂取してしまったら最後、涙と鼻水とよだれと耳だれが出て止まらなくなりますし、無論、塩分や糖分、はちみつの取り過ぎは、絶対に、体に良くありません。これらの量を的確かつ、詳細に把握するのは、イケてる労働者にとっては、もはや必須でもあり、天命でもあります。しかし、今の所、よっぽど奇特(きとく。かぶきものみたいな人。)な人でなければ、これらの計測器を常に持ち歩いている人はまれです。というか、いたら見てみたいです。

計量器を持ち歩かない人も心配御無用!イマドキの「計量器」は、お手軽カンタンに持ち運び可能・・・ってホント?

 人生を語る上においては、やっぱり日々の食材の「計量」は必須で、「計量器」は必需品。まだまだ、本来であれば、常に持ち歩く必要があります。仮に常に持ち歩かなくっても、自宅のキッチンで料理する際に、「計量」なしで料理を作るだなんて、もはや考えられない時代なので、なにより準備は大切です。

 そんな命よりも大切な「計量器」による「計量」なのですが、残念ながら、スタバに「計量器」を持ち込む人は現在の所、あまり居ません。その理由はなんと言っても、あまりにも「計量器」が、嵩張(かさば)ってしまうこと。ただでさえ、ノートパソコンやデジタルガジェットを持ち運ぶだけでも大変だというのに、更に「計量器」を持ち歩くだなんて、とてもじゃあありませんが、出来ません、やりません、分かりません、の三段活用です。しかし食材の「計量」は、マジでインターポールもといインポータントなのは、もはや社会の定説です。

 お役立ちデジタルガジェットが全盛のこの時代、常に持ち運びにベンリで、スタバでも自宅のキッチンでも、その他いろいろな場所でも、お手軽カンタンに測定可能な、コンパクトなのに軽量でたくさん何でも計量できる、そんな都合の良い「計量器」は存在しないのでしょうか……?
実はあります。

 このたび、国内トップで老舗の、ビジネスマン向けのライフハック雑誌の雄である「DIME」誌、2019年の11月号にて、「でじ@おた!」なビジネスマンは日々の食材の秤量がマジ大事!計量系男子/女子/その他が大歓喜の、「デジタル計量スプーン」がこのたび付録となり、今、話題沸騰中です!

ついに出た!超ベンリで超重量(500gまで)計れる、オドロキのデジタル計量スプーンが登場!

DIME(ダイム) 2019年 11月号

 「デジタル計量スプーン」は、「でじ@おた!」なビジネスマンが、日々の食材の秤量をするのにとてもベンリな、計量系男子/女子/その他が大歓喜の、「DIME」誌2019年11月号の特別付録です。普段より特別な付録なのがポイントです。現在、全国の書店で、売り切れが続出で、編集部への問い合わせが殺到でスゴイことになっているそうです! ※Kindle版では、付録が付きませんので要注意です。付録が欲しい人は、必ず、紙の本の方を買いましょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。