人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経験者に聞くハラスメントを受けた時の解決法TOP3

2019.09.17

「ハラスメント」は社内だけでは解決できない状態にまで蔓延している場合もある。

ワークポートは、ハラスメントを受けたことがあると答えた359人に、どのように解決したのか聞いたところ(複数回答可)、最も多かったのは「退職した」で42.9%だった。

次に「我慢して自然消滅した」と「今も解決していない」が28.1%と並んでいる。この結果から、ハラスメントの多くが根本的な解決に至らず、泣き寝入りしたか、現在進行形で苦しんでいることがわかった。また、公的機関や弁護士といった専門知識をもつ人に相談したという人は、いずれも5%以下となっている。

それではハラスメントに求められる対策とは何か? 調査結果を見ていこう。

ハラスメントを受けた経験がある人が約80%

470人の対象者に、これまで何らかのハラスメントを受けたことがあるか聞いたところ76.4%の人が「はい」と回答し、「いいえ」と回答したのは23.6%。80%近い人たちが、これまでにハラスメントを受けた経験があることがわかった。

ハラスメント被害者の90%がパワーハラスメントに苦しむ

ハラスメントを受けたことがあると答えた359人を対象に、どのようなハラスメントを受けたことがあるか聞いたところ(複数回答可)、「パワーハラスメント」が92.5%で最多となった。

次に「モラルハラスメント」(43.7%)、「セクシャルハラスメント」(23.7%)と続いた。厚生労働省は6月、2018年度に全国の労働局などへ寄せられた労働相談のうち、パワーハラスメントなどの「いじめ、嫌がらせ」に関するものが7年連続過去最多だったと発表している。調査でも、ハラスメントにあったことがある人の多くがパワーハラスメントに苦しんでいたことがわかった。

ハラスメントの相談を受けたことのある人が50%以上

対象者全員に、ハラスメントについての相談を受けたことがあるか聞いたところ、半数以上の51.7%が「はい」と回答し、48.3%が「いいえ」と回答した。

先ほどの質問の答えにもあったように、ハラスメントの被害について公的機関や弁護士に相談する人は少なく、多くの人が職場の人や家族、友人といった身近な人に相談する傾向にあるようだ。

自身の職場でハラスメントを目撃した人が70%以上

現在の会社(直近に勤めていた会社)でハラスメントの現場を目撃したことがあるか質問したところ、72.1%の人が「はい」と回答した。職場でハラスメントを目撃したことがないという人は27.9%だった。

調査の結果から、80%近くの人がハラスメントを受けたことがあるほか、多くの人がハラスメントに関する相談を受けたり、ハラスメントが蔓延している会社で働いたりしていて、ハラスメントが日常的に起こっている様子がわかる。ハラスメントに対する社会的関心度は高まっていますが、根絶に向けた環境の改善や制度の整備はいまだ十分ではないようだ。

求められる対策は専門の相談窓口と明確な処罰

対象者全員に、現在の会社(直近の会社)は何らかのハラスメント対策を行っているか質問したところ、「はい」と答えた人は32.1%で、「いいえ」と答えた人が45.3%、「わからない」と答えた人が22.6%となった。

「はい」と答えた人に対策の具体的な内容を聞いたところ、「防止ガイドラインの作成、相談窓口の設置」(30代・男性・システムエンジニア)、「対策チームが存在し、調査などを行って改善できない場合はハラスメントを行った人に退職勧告」(20代・男性・クリエイター)といった、相談窓口の設置と明確な処罰の周知といった内容がほとんどだった。

中には「電話相談窓口などを設けているが実際は稼動していない可能性がある」(20代・男性・接客販売)といった、対策は講じたが十分に機能していないといった意見もみられた。

また、「わからない」「いいえ」と答えた人に、会社にどういった対策をしてほしいか聞いたところ、「きちんと相談できる産業医、カウンセラーをおいてほしい」(30代・女性・クリエイター)、「公的機関の定期的な訪問診療」(40代・男性・管理)といった、専門知識をもつ外部の相談窓口設置を求める声が多く挙がった。

ほかにも、「罰則制度の設定および就業規則の制定」(40代・男性・企画マーケティング)、「加害者の退職もしくは部署異動など、速やかに対処してほしい」(30代・女性・事務)といった、明確な処罰や対処の設定を求める声も目立つ。

今回、調査に挙げられた意見の中には「ハラスメントが社長によるものだからどうしようもない」(20代・男性・営業)、「人事部がハラスメントをしていたので相談場所がなかった」(40代・女性・クリエイター)という、本来ハラスメントの防止に努めるべき人たちがハラスメントの加害者になっているというケースも散見された。

社員が安心して働ける環境で能力を十分に発揮するためにも、企業は今後、専門知識をもつ第三者機関と積極的に連携することを求められるのではないだろうか。

調査概要
調査内容 :ハラスメントについて
調査対象者:当社を利用する求職者
有効回答 :470人
調査期間 :2019年6月11日~6月18日

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。