人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「小さなコミュニティをムーブメントに変える」ブロックチェーンで描く〝生活者が主軸〟の信用創造とは

2019.09.17

日本を代表する“マーケティングサービスカンパニー”博報堂が、ブロックチェーン事業に本腰を入れていることをご存知だろうか? ブロックチェーンの社会実装を目指す「HAKUHODO Blockchain Initiative」(以下、HBI)は、ブロックチェーン技術を駆使し、情報で溢れかえるインターネットを、「価値交換のプラットフォーム」へと変えるべく奔走している。

HBIが狙う構想の背景、そして今後どのような社会を目指していくのかを、プロジェクトを推進する伊藤佑介氏と加藤喬大氏に伺った。

現在のインターネットには、「幸せ」が足りない。今、博報堂がブロックチェーンに投資する理由

HBIとは、博報堂によるブロックチェーン技術の活用やトークンコミュニティ形成に関連したビジネス開発を支援する新規プロジェクトだ。ブロックチェーンの社会実装を目的に、発足した。

HBIに所属する伊藤佑介氏と加藤喬大氏は、HBIを通じ「価値のインターネット」の実現を目指しているという。

Hakuhodo Blockcain Initiaitive 加藤喬大

加藤「現在のインターネットは、情報の交換コストがゼロの、いわゆる“情報のインターネット”です。一方で私たちは、いずれ“インターネット・オブ・バリュー”(インターネットを通じて、金融資産をはじめとするあらゆる「価値」の交換が瞬時に実行できるシステム)の世界観を実現したいと思っています。価値交換の限界コストがゼロになる“価値のインターネット”です。

そのエコシステムの中で、『価値を創り出す』『価値を送る』『価値を交換する』

『価値を受け取る』といった領域で、それぞれ存在感を出したいと思っています。」

例えば、HBIはデジタルアセットの所有権を安全かつ迅速に移転できるブロックチェーン技術の特徴を応用した、生活者参加型の新しいプロモーションサービス「CollectableAD」を開発している。これまで情報としてオンラインメディアや企業のサイトに掲出されていたデジタル広告をデジタルアセット化することで、生活者がデジタル広告をトレーデングカードのように集めたり、ユーザー同士で交換したりしながら、決められた一式を揃えると、企業から商品やサービスなどの特典を受けることができる仕組みだ。

従来の広告の構造は、情報を「受け取るだけ」だった。しかしCollectableADは、情報を価値に転換することや、価値を送り合うことを可能にする。広告やメディアの価値を再定義する、実証実験ともいえる試みだ。

なぜHBIは、“価値のインターネット”の実現を目指すのか。伊藤氏は、「インターネット内で価値の交換ができることで、人々の幸せが増幅されるのではないか」と仮説を唱える。

Hakuhodo Blockcain Initiaitive 伊藤佑介氏

伊藤「僕の仮説ですが、人間の幸せの源泉は“リアル世界での価値交換”にあると思っています。例えば、バレンタインデーに娘からチョコレートをもらったり、結婚記念日に奥さんから花束をもらったり。

そんななか、私たちが現在の情報交換のインターネット上で過ごす時間は日に日に長くなっています。一方で、人生のなかで幸せを得られるリアル世界で過ごす時間が、徐々に少なくなってきてしまっているのではと心配しています。ですが、インターネット上で価値交換ができれば話は別です。

今後、ブロックチェーン技術により、インターネット上で価値の交換ができるようになれば、幸せを感じる機会を多く得られるようになるのではないかと考えています」

インターネットがインフラになった今だからこそ、その存在価値を問い直す。——HBIがトークンコミュニティの形成を通じて事業創出を行っているのは、価値交換を前提としているからに他ならない。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。