小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ちょっと飲んでみたい!消費者の空想や妄想を形にする企画から生まれたサッポロビールの限定缶

2019.09.15

応募者のイメージを醸造師はどこまで具現化できるか

缶ビールは左から「婚姻のグレジュビール」「もぐもぐして探検するハニー」「佐世保スイングエール」。

ただひたすらビールが好きな人の、「こんなのあったらいいな」という希望、空想、妄想の数々。これらをおいしく飲めるビールにするべく、智恵と技術を結集したのがサッポロビールの醸造師の成瀬史子さんだ。

では、どのようなイメージを、どのように具現化したのか。解説してもらった。

「もぐもぐして探検ハニー」は、キッチハイク共同代表の山本雅也さんのアイデア。HOPPIN' GARAGEサービスのいわば身内ではあるが、世界の120都市を旅してビールを飲んできたというツワモノ。その中で、もっとも印象深かったラトビアの首都リガで飲んだハニーエールに思いを馳せて応募したと言う。世界各地から集めた12種類のハチミツからアルゼンチン産を選択。カラメル麦芽を使って甘い香りを加えつつ、ホップもたっぷり利かせることで、甘みと苦味のバランスの取れたハニーエールに仕上げた。

「佐世保スイングエール」は東京在住の森本夏実さんのアイデア。旅先の佐世保で、偶然入ったジャズバーの雰囲気に魅了され、そこではウイスキー片手の客がほとんどだったが、「ジャズを聴く時に飲むビール」のイメージがふくらみ応募した。そのためコンセプトはジャズの本場の酒バーボンのように飲めるビール。醸造師は麦芽の一部に焙煎麦芽を用いて、まるで木樽で熟成させたような香ばしい香りを表現。さらに原材料にトウモロコシを加えて味に深みを加えた。

その後も何度も佐世保のジャズバーに足を運んでいる森本さん。次に訪れるときは「この佐世保スイングエールをお土産に持って行きたい」と楽しみにしている。

「婚姻のグレジュビール」を応募したのは、Soup Stock Tokyoはじめ数々のビジネスを展開する遠山正道さん。つくりたかったビールは「中世の貴族シトラス家とモルトファミリーの婚姻がテーマ」で、イメージとしては「イタリアのシチリア島あたりで、大人の女性がひとりグラスを傾けるのが似合う」ビール。こうした難解なリクエストを、醸造師がフルーティかつアルコール度高めに設定し、原材料に大麦麦芽と小麦麦芽を用い、ホップにはシトラス感のあるシトラを加えて具現化した。

HOPPIN' GARAGEから生まれたビールの「つくり手」のみなさん。

こうした誕生のストーリーを知って飲むのもビールの楽しさのひとつ。ユニークなネーミングやデザインにもつくり手の想いや思い出が詰まっている。

この3品、それぞれ700ケース(350ml×12本)が販売される。9月20日〜23日に東京の恵比寿ガーデンプレイスで行われる「恵比寿麦酒祭り」では樽生も登場する。HOPPIN' GARAGEで評判の高いビールを1本ずつ商品化していく予定だという。

昨今ビール界をにぎわすクラフトビール人気にともない、こだわりのビール、希少なビールを楽しめる機会が各地で増えている。HOPPIN' GARAGEのようなサービスから素晴らしくユニークなビールが生まれ、大化けする可能性もないとはいえない。

HOPPIN' GARAGE (ホッピンガレージ) https://www.hoppin-garage.com

取材・文/佐藤恵菜

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。