人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ちょっと飲んでみたい!消費者の空想や妄想を形にする企画から生まれたサッポロビールの限定缶

2019.09.15

ビールを愛する人なら一度は思ったことがないだろうか? 自分のビールを造りたい、と。その思いが高じてマイクロブルワリーの醸造師を志す人も近年増えているが、それはかなり特殊な人々。オーディナリーなビジネスマンにとっては見果てぬ夢か。

と思いきや、一般の、ただひたすらビールが好きという人の夢に応えるサービスをサッポロビールが運営している。そして、その中から3種のビールが限定ながら缶で販売されることになった!

HOPPIN' GARAGEで生まれたオリジナルビール。

あなたのビールのアイデアください

サッポロビールが“本格的なユーザーイノベーションによる価値創造”を目指したサービス「HOPPIN' GARAGE」をスタートしたのが、約1年前の2018年10月。一般消費者からビールのアイデアを公募し、その中から斬新なアイデアをサッピロビールが選んで、応募者とサッポロのブリュワーで開発するというもの。完成したビールは、その時点では一般販売されることはなく、HOPPIN' GARAGEで開くイベントの中で祝杯気分とともに飲み干される。

そのイベントの運営は食のコミュニティ運営会社「キッチハイク」と連携している。一般からアイデアを取り込み、さらにはSNSを活用したコミュニティづくり、イベント化、インフルエンサーによる評判の拡散と、今どきの楽しみ方を盛り込んだ仕組みになっている。

では、HOPPOIN' GARAGEからどんなビールが生まれてきたのだろうか。これまで応募されたビールは約200品。そのうち11品が採用され、サッポロビールがプロトタイプを醸造した。

そのつくり手(応募者)のプロフィールを見ると、ビアソムリエの有資格者や世界中のビールを飲み歩いている人、新婚旅行にベルギーに行った人、ブリュワーをめざして移住した人など、並外れたビール愛の持ち主が多い。そして採用されたビールには、ピルスナーの原点にこだわったビール、麦茶のように飲めるビール、チョコレートミント風味のビール、原材料にイグサを使ったビールなど、実に多種多様。極小ロットだからこそ可能なユニークな世界が広がっている。

そしてこの9月、特に評価の高かった3品が商品化され、缶ビールで限定販売されるに至った。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。